岡村記念病院

【岡村記念病院】(静岡県)から看護学生へメッセージ

手の温もりで癒される看護を目指しています。

★合同説明会参加された方だけ特別企画★
~先輩看護師の話が聞ける病院見学会~
・2019年2月2日(土)10:00~12:00
・2019年2月16日(土)10:00~12:00

インターンシップも随時開催しております!
是非ご参加お待ちしております。


募集職種
  • 看護師
病床数 65床
外来患者 121名 入院患者 50名
看護体制 7対1入院基本料
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2020年4月入職者向け情報※各種タブを選択

岡村記念病院看護部のミッション(使命)はトラベルビーの人間対人間の看護を基本としています。急性期の病院ではありますが、その疾患の多くは、生活習慣病がほとんどです。患者様の生きてこられた人生の歴史とその人の病気をまるごと捉え一緒に治療していきましょうという姿勢で患者様に接しています。私たち看護部の大事にしているバリュー(価値観)は、患者様にも職員にもその人の可能性を第一に考えます。人は、現在見えている能力以外にも秘められた潜在能力を無限に持っているものです。その人の今後の生活に役立つ可能性を引き出していける関わりができたらと思います。又、卒後教育にも力を入れており、クリニカルラダーに沿ってきめ細やかな岡村記念病院看護部独自の教育を実践しています。雄大な富士山を見ながら、温かい雰囲気に包まれた病院です。各自が目標を持ち看護の夢を追い求めながらキャリアアップを図っています。


~岡村記念病院の特徴~
 
◆頼れる病院ランキング循環器分野で常に全国上位!
・静岡県で循環器と言えば、「岡村記念病院」!循環器専門病院の中でもかなりトップクラスの症例と勉強ができます。
・院長がインフォームドコンセントを非常に重要視しており、相談室が各病棟に3部屋設けてあり患者さんに丁寧な説明をしているため患者様評判が抜群!
 
◆どこにも負けない手厚い教育!
・院長、看護部長の「病院の宝は人材」という考えのもとに、教育も熱心に取り組んでおりじっくり責任を持って育てます。その証拠に直近6年で40名の新卒採用のうち1年以内の離職は2名だけです。
 
◆人間関係良好♪
・コミュニケーションがとりやすく患者様も職員も病院全体が一つの家庭のような雰囲気です。
また、職員同士助け合う事が当たり前の他人を思いやる風土の病院です。
人間関係良好の証拠に年間退職者5名未満。脅威の少なさです。
・イベント活動が活発で多職種との連携も◎!(イベントは任意参加)
季節に応じたイベントが職員主導で実施!平均の参加率80%以上!
他の職種とも交流できる良い機会になり、多職種連携がスムーズです。
サンキューカードを導入しており、褒めたたえ合う風土の為、モチベーションアップにもつながります。
※サンキューカードとは?
院内の職種関係なく、普段の仕事ぶりや感謝したい職員へメッセージカードにコメントを書いて投票する制度
 
 
◆循環器について
循環器!と聞くとむずかしい。と、いうイメージありませんか!?
循環器(心臓は体の中心)を経験すると、実は看護師としてベースとしてのスキルだけでなく看護しての幅が広がります。
 
・急変時に対応できる看護師になりたいという方には循環器内科は学ぶ機会が多い分野であると思います。
急変しやすい疾患を学べるだけでなく、救急外来やICUなどさらにスキルアップしていきたいと考えている方にも最初の基礎を身につけることができるのではないでしょうか。
循環器内科は心臓だけでなく呼吸器や腎臓、糖尿病など他の診療科も合わせて勉強しなければならないことも多く、経験しておくと看護師として強い分野と言われています。
 
・心電図がよめるようになると今後、急性期だけでなく回復期や療養でも必要なベースのスキルを学べます!
 
・循環器内科の病気には狭心症や心筋梗塞など動脈効硬化が引き起こすものが多く、生活習慣病を引き金に発症する病気です。患者さんには禁煙の必要性、肥満の解消、高血圧の予防など生活習慣を改善できるよう指導していくことが循環器内科では重要になってきます。発症した病気を治療するのだけでなく、予防医学として患者さんがどのようにライフスタイルの改善をしていくべきか、指導の部分でじっくりと関わりたいという方にも循環器内科は良い経験ができる分野でもあります。その為、循環器は入り口は急性期だけど、出口は慢性期でもあるのです。
 
看護師として、急性期だけでなく慢性期の経験を積む事ができるのが循環器なんです。
覚える事も多いですが、その分やりがいがあり、患者様との関わりも多い為、どこにいっても通用する看護師になれます!
 

看護部長からのメッセージ

【岡村記念病院】(静岡県)の看護部長からのメッセージ

看護部長
松本由紀

看護部長からのメッセージ

当看護部は院長の「病院の宝は人材」という考えのもとに、教育には熱心に取り組んでいます。一人一人がキャリアアップできるようサポートします。看護部の価値観でもある可能性、(潜在能力)が引き出せるようきめ細かくクリニカルラダーを基本にし、知識、技術、態度が同等に育つ看護師の育成を願っています。学会認定の呼吸療法士・認知症専門士・ケアマネジャー・救急救命士・BLSのインストラクター等資格に挑戦し臨床の場で自信をもって活躍しています。
教育方法の一つに、ウイーデンバックの再構成法を取り入れています。新人のときから自分の気になる看護場面を取り上げ、何を感じ、何を考えたのか、看護とは何か、について対人関係論の視点から考察し、指導者も共に育っています。

1.なぜ、その場面が気になるのか?自分に問いかけてみる。
2.その場面が第三者の指導者や同僚にどう映るのか?を伝えてもらうことにより視野をひろげられる。
3.他者の視点を組みこんで自己評価によって自己への信頼を取り戻す。

専門職としてのアイディンティティを確立していく一助になっています。
また、働きやすい職場環境づくりにも力を入れています。今日も自分の思った看護ができたと看護師として思える職場環境と人材育成に力を注いでいます。

先輩からのメッセージ

入職して3年目の感想

ICUに入職して3年目になりました。
1年目のときは分からないことばかりで、続けていけるのか不安でいっぱいでした。
プリセプターの先輩やICUの先輩方が「自分のペースで成長していけばいいんだよ。」と励ましてくれ、1年目の終わりには1人でカテ室にも入れるようになり、今ではリーダー業務もできるようになりました。自信がつくまで先輩方が見守ってくれるので安心して仕事ができます。

【岡村記念病院】(静岡県)の資料を請求する 【岡村記念病院】(静岡県)に問い合わせする 【岡村記念病院】(静岡県)に応募する

岡村記念病院(静岡県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院