武蔵の森病院

【武蔵の森病院】(埼玉県)から看護学生へメッセージ

明るく常に前向きで協調性があり、チームの和を大切にすることができるスタッフを募集しています。


募集職種
  • 看護師
  • 准看護師
病床数 180床
外来患者 - 入院患者 -
看護体制 -
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2020年4月入職者向け情報※各種タブを選択

当院は、精神科看護・介護経験年数の長いスタッフから、身体科看護に長けたスタッフまで、様々な専門スキルを持った幅広い層のスタッフが勤務してます。
看護部では『サービスを提供する側が楽しんで仕事をしていなければ、良いサービスは提供できない!』をモットーに、数年前より「FISH哲学」を取り入れ、明るく楽しい職場づくりを行っています。また、充実した年間教育を計画し、研修会を行うことで、変化する社会や医療ニーズに対応できる実践能力を養います。 明るく常に前向きで協調性があり、チームの和を大切にすることができるスタッフを募集しています。

看護部長からのメッセージ

【武蔵の森病院】(埼玉県)の看護部長からのメッセージ

看護部長
池田 慎二

”患者様にとっての最善の利益”と患者様が求めている”最善の利益”は同じではないと言われています。

精神科に携わる看護師は、精神障害のために日常生活までもが困難となっている患者様のセルフケア能力を高めるような援助を行うことが重要で、患者様の自立に向けての第一歩であると考えています。
患者様を自立へと導くためには患者様の自己決定を尊重することが重要であり、また自己決定は患者様に対する処遇・援助の原則で、基本的人権を尊重するものでもあります。
援助する立場にある者は、倫理的な判断や、自己の感情や独善的な判断等をコントロールすることが求められるなど、援助的人間関係には責任が伴います。
また、我々医療従事者が考える“患者様にとっての最善の利益”と、患者様が求めている“最善の利益”は同じではないと言われています。
それらを常に意識し日々業務を実践していくことが質の高い看護の提供に繋がると思います。
倫理的視点で患者様の援助が出来る看護部を目指します。

先輩からのメッセージ

【武蔵の森病院】(埼玉県)の先輩からのメッセージ

看護部副部長 精神科認定看護師
箕輪 雄太

看護という仕事は精神的にも肉体的にも過酷な職業。緊張感の強い現場でこそ”ユーモアとウィット”が必要。

入院患者様の中には長期入院を余儀なくされている方々も多くいらっしゃいます。そうした長期入院患者様に現れる症状で問題となるのがインスティチューショナリズムです。本来治療のために入院した施設で、感情の平板化・自閉・意欲低下などの陰性症状が作り出されることをいかに予防していくか、ということに私達は尽力していかなければなりません。幸いなことに当院の周辺は自然に囲まれ、心を病んだ患者様にとって癒しの風景であり、治療的に大変恵まれた環境にあるかと思います。精神科の専門職として患者様と全人的にかかわることはもちろんのこと、そうした環境を用いて、患者様がインスティチューショナリズムに陥ることのないようなケアを提供していきたいと思っています。
看護師は精神的にも肉体的にも過酷な職業であるといえます。一日の大半をそうした現場で緊張感を持って過ごすわけですから、私達は常にストレス環境下に身を投じているわけです。私は常々、緊張感が強く責任が重い仕事であればあるほど、ユーモアとウィットが必要だと感じています。当院の基本方針の一文にある「職員の満足」を常に意識し、仕事をするのが楽しくなるような職場づくりこそが、患者様に満足していただける医療・看護の提供につながると思います。

【武蔵の森病院】(埼玉県)の資料を請求する 【武蔵の森病院】(埼玉県)に問い合わせする 【武蔵の森病院】(埼玉県)に応募する

武蔵の森病院(埼玉県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院