兵庫県立柏原病院

【兵庫県立柏原病院】(兵庫県)から看護学生へメッセージ

教え、学ぶ文化を醸成し、医療者の育成を通じて、地域医療に貢献します。

※※資料請求は兵庫県立病院(兵庫県病院局)のページよりお願いします※※


募集職種
  • 看護師
病床数 303床
外来患者 - 入院患者 -
看護体制 7対1
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2020年4月入職者向け情報※各種タブを選択

若い世代の医師、看護師などコメデイカルが多く集い、当初の目標であった診療機能は格段に改善してきました。今後もますます、医療レベルを上げるべく、医学教育というツールを利用し、また神戸大学からの診療・教育支援も受けながら“世界標準の医療”を追及していきます。今年度は新たな取り組みとして、外国人医師を招聘し、国際的な視野に立った医学教育も展開いたします。

病院の力は総合力にあると感じており、本年度も、チームとしての力をつけていくため、多職種によるカンファレンスをさらに積極的に推進していきます。

平成31年度上期には柏原赤十字病院と統合し、新病院が開院いたします。新病院では、急性期から回復期までの幅広い医療を提供し、併設する丹波市の地域医療総合支援センターでは総合診療外来、訪問診療、健診、福祉・保健サポートなどの機能を有し、ハイブリッド施設として地域包括ケアの中心として機能させる予定です。

私には一つ夢があります、若い医師とメデイカルスタッフが全国から集まるような地域医療のメッカにすることです。地方都市病院のone of themにするのではなく、only oneを目指したいと考えています。

この夢の実現に向けて、職員と力を合わせて全力で挑戦していきたいと思っていますので、皆様のご支援よろしくお願いいたします。 

■看護部理念
1.思いやり
2.没我
3.協調

■看護部方針
1.私たちは、患者さまの人権を尊重し、安全な看護を提供します
2.私たちは、地域との連携をはかり、その人らしい生活を支援します
3.私たちは、専門職として、たえず自己研鑽に励みます
4.私たちは、いきいきと働ける職場づくりに取り組みます
 

看護部長からのメッセージ

【兵庫県立柏原病院】(兵庫県)の看護部長からのメッセージ

副院長兼看護部長
中川 裕美子

ご挨拶

 兵庫県立柏原病院は、丹波地域の拠点病院として地域のみなさまに「安心」して医療を受けていただける病院をめざして、日々研鑽をしながら全力で取り組んでいます。看護部は、「思いやり」「没我」「協調」を理念として、患者さんが住み慣れた丹波地域で穏やかな暮らしをしていただけるように、明るく優しい職員が患者さんに寄り添った看護の提供に努めています。
 また、平成31年に県立柏原病院は柏原赤十字病院と統合し、県立丹波医療センター(仮称)として機能拡充します。新病院は、1.急性期から回復期までの幅広い医療の提供 2.保健・福祉と連携した地域包括ケアの実現 3.救急拠点病院としての医療の提供 4.地域医療にかかる人材育成の機能を持っており、さらに住民のみなさんの健康と暮らしにかかわらせていただけるよう看護を創造し、準備をすすめています。
 

先輩からのメッセージ

【兵庫県立柏原病院】(兵庫県)の先輩からのメッセージ

看護師
中庭 佳穂

入職する方へ

 強みは教育体制が整っていること。基礎からしっかり学べることが最大の魅力です。私が勤務する産科では、患者さんの個性を尊重したかかわり方が必要となり、難しさを感じることも多いのですが、それがやりがいの一つでもあります。日々前進をモットーに月日を経ることで成長し、一日でも早く患者さんのニーズに応えることのできる看護師になりたいと思っています。

【兵庫県立柏原病院】(兵庫県)に問い合わせする 【兵庫県立柏原病院】(兵庫県)に応募する

兵庫県立柏原病院(兵庫県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院