>   > 兵庫県立姫路循環器病センター

兵庫県立姫路循環器病センター

【兵庫県立姫路循環器病センター】(兵庫県)から看護学生へメッセージ

安心と信頼をつくっていく。
わたしたちは、医療の担い手と医療を受ける者との信頼関係に基づき、良質かつ高度な医療を行います。

※※資料請求は兵庫県立病院(兵庫県病院局)のページよりお願いします※※


募集職種
  • 看護師
病床数 350床
外来患者 - 入院患者 -
看護体制 -
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2020年4月入職者向け情報※各種タブを選択

兵庫県立姫路循環器病センターは、1981年6月にわが国で初めての循環器専門の自治体病院として開設されました。2017年で設立以来36年になります。当初から心臓血管病と脳血管障害を二本柱とした診療にあたってきました。また、救命救急センターを併設し、1996年には災害拠点病院にも指定されています。2002年に同じ敷地内にあった高齢者脳機能研究センターを統合して認知症治療を開始し、2011年には認知症疾患センターの指定を受け認知症診療においても日本有数の施設です。

◆看護のやりがい 一人ひとりが主人公として輝ける職場◆
当センターでは専門病院としての役割をはたすために、一人ひとりが主人公として地域に根ざした医療の実現を目指しています。また様々な経験を積んだ看護師が医療を支えています。個々の専門技術を生かし、サポートしあい、日々成長しています。
継続教育として、段階別研修に加えて当院の役割遂行に必要な看護実績能力を目指して専門コースを設けています。
看護技術は「あんぜん(A)」「かくじつ(K)」「ばっちり(B)」の『看護技術AKB』で教育担当師長とくりかえし練習できますし、部署では定期的に看護師長やプリセプターと看護の振り返りを行います。
「笑顔でコミュニケーション」をとりながら、一緒に輝ける職場をつくっていきましょう!

看護部長からのメッセージ

看護職員一人ひとりの人間としての成長と選ばれる職場を目指して

兵庫県立姫路循環器病センターは、循環器疾患の専門病院として、心疾患や脳血管疾患に対する高度専門医療を担うとともに、中・西播磨圏域の救命救急センターとして、主に循環器疾患を対象とした3次救急医療を担っています。
高度先進医療が行われる中、常に専門性の高い看護が求められており、看護部では「専門性・地域性・人間性」を理念に掲げ、科学的・創造的・主体的な看護活動ができるよう看護職員個々のキャリア開発に向け自立した看護師の育成に努めています。
日々の看護実践では、チーム医療の向上を目指した活動にも取り組んでいます。
専門看護師や認定看護師などが調整役となり、多職種と協働してせん妄回診、呼吸ケア回診、ICT、スキンケア回診、緩和ケア回診など専門性を発揮した水準の高いケアを目指しています。
また、地域医療支援病院として地域連携懇談会、訪問看護ステーションとの交流会、実務研修など顔の見える連携を行い、患者さんのQOLを尊重し、継続した看護の提供に努力しています。
看護部は、看護の果たすべき役割や責任のもと、真撃で豊かな人間性を大切に、選ばれる職場づくりに全員でかかわっていきたいと考えています。

【兵庫県立姫路循環器病センター】(兵庫県)に問い合わせする 【兵庫県立姫路循環器病センター】(兵庫県)に応募する

兵庫県立姫路循環器病センター(兵庫県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院