公立西知多総合病院

【公立西知多総合病院】(愛知県)から看護学生へメッセージ

病院見学会随時受付中!実際に病院に訪れて働く環境や雰囲気を肌で感じてみてください!
公立西知多総合病院での看護体験もできる企画をご用意しています!


募集職種
  • 看護師
病床数 468床
外来患者 848名 入院患者 327名
看護体制 急性期一般入院料1
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2020年4月入職者向け情報※各種タブを選択

公立西知多総合病院は、東海市民病院と知多市民病院を統合してできた新病院です。
東海市の皆様、そして知多市の皆様にはもちろんのこと、近隣にお住まいの皆様の病気の診断と治療を確実に行い、
安全な医療を提供することを第一の使命としています。様々な疾患に対応できるように、医師を増員し31の診療科を整備しています。がんの治療をはじめ、心臓・脳血管疾患、消化器疾患、呼吸器疾患、内分泌疾患、整形外科疾患などを多くの診療科で専門的な治療ができるようになりました。また、重症者に対しても集中治療室で救命が可能になりました。手術室は9室あり、平日は10件以上の手術でフル稼働し、夜間・休日を問わずに緊急手術が行える体制をとっています。

看護部長からのメッセージ

【公立西知多総合病院】(愛知県)の看護部長からのメッセージ

副院長兼看護局長
植村 真美

私たち看護局が目指す2つの文化『創発の文化』と『ありがとうの文化』

 愛知県の地域医療構想が策定され、医療や介護を取り巻く環境が変化しています。私たちもこれまでの固定概念にとらわれず、みなさまの期待やご要望にお応えできるよう、変革していかなくてはなりません。創造性とコミュニケーションを基にした「進化する組織」「柔軟に対応できる組織」がとても重要であり必要であると思います。しかし、頭で考えるだけでは何も変革できません。「行動する」「実践する」力が伴わなくてはなりません。頭で考え、心で感じ、総合させて実践できるようにしていきたいと思います。そして、創発性豊かな組織文化の熟成を目指します。
 開院当初より大切にしている文化、それは何事にも感謝の気持ちを忘れず、「ありがとう」の言葉と笑顔を絶やさないということです。些細なことも「当たり前」ではなく、「有難いこと」であることを忘れてはいけないと思います。このような組織文化は、看護職員を看護の専門家として成長させるだけでなく、人としての深みや優しさを育みます。看護の質にこだわりながら、組織づくりと看護職員の育成に尽力します。

先輩からのメッセージ

私たち目標に向かって前進しています。

私は平成28年4月から整形外科病棟に配属となり、日々整形外科の患者さんを中心に関わらせていただいています。
 1年目は覚えることもたくさんあり、あっという間の1年でした。当院ではプリセプター制度があり、先輩看護師が知識や技術だけでなく精神的にもサポートしてくれるので安心して働くことができます。
 整形外科では手術を受けられる患者さんが多く、術後は痛みも強く思うように動けない患者さんもみえますが、リハビリテーションを積み重ね、日に日に回復していく過程に関わることができるためとてもやりがいを感じています。これからも多くのことを学びながらより良い看護を提供できるように努めていきたいと思います。

【公立西知多総合病院】(愛知県)の資料を請求する 【公立西知多総合病院】(愛知県)に問い合わせする 【公立西知多総合病院】(愛知県)に応募する

公立西知多総合病院(愛知県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院