>   > 国立病院機構 久里浜医療センター

国立病院機構 久里浜医療センター

【国立病院機構 久里浜医療センター】(神奈川県)から看護学生へメッセージ

新人さんとのコミュニケーションを大切にしたい


募集職種
  • 看護師
病床数 332床
外来患者 250名 入院患者 260名
看護体制 一般病床:13対1
精神病床:13対1
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2020年4月入職者向け情報※各種タブを選択

当院はアルコール依存症の治療においてはWHOとも関係の深い精神科病床を主体とした病院です。近年問題になっているインターネット依存症の治療においても全国に先駆けて中心的役割を果たしています。当院の求める看護師像は海外交流もできるグローバルな考え方を持った看護師、そして研究的な視点にたち海外を含めた多くの研修会や学会参加に意欲をもった看護師です。「患者さまの心に寄り添い、患者さま自身が自律できる看護の提供」を実践するために自己研鑽しつつ、専門性の高い精神科看護の看護師を目指してみませんか。

看護部長からのメッセージ

【国立病院機構 久里浜医療センター】(神奈川県)の看護部長からのメッセージ

看護部長
青井久江

病院完結型医療”から“地域連携型医療”へ

病院の窓から望む青い空と広い海原は私達の心のふるさと、人生の原点に戻ったような感覚を呼び起こしてくれます。心が疲れた患者さんたちのよりどころになるべく、ここ久里浜の地にこの病院があるのもうなずけるところです。
当センターではここ久里浜の地で歴史的にアルコール依存症の方々の医療を行ってまいりました。現在でもアルコール依存のみならずネット依存、ギャンブル依存などの依存症全般に対して専門性の高い医療と看護を提供しています。
特に看護の面においては「精神科看護には正解が無い」と日々感じておりますように、患者さんの個性が病状に反映されているため看護師が同じ対応をしても患者さん一人ひとりの反応が違います。その患者さんの反応から必要な支援をくみとっていく看護師達の実践能力には目を見張るものがあります。 精神科の患者さんの最終目標は完全治癒ではなく、疾患を抱えながらの社会生活の維持です。精神科疾患は家族を含めた、周囲に与える影響が大きいことから地域を巻き込んでの医療チームとして退院支援が必要になります。その中心として他職種との強い連携のもと看護師の活躍の場は今後さらに地域へと拡大していくことでしょう。

先輩からのメッセージ

新採用の方へ ~かもめレター~の紹介

私たち看護部では、来年度当院にきてくださる新人さんに向けて「♪かもめレター♪」を定期的に配信しています。
これは採用内定から、4月の就職までに、少しでも久里浜のことを知ってほしいという想いと、「♪かもめレター♪」を通しての新人さんとのコミュニケーションを大切にしたいという気持ちから始めたものです。
内容は、院長・看護部長のあいさつをはじめ、病棟紹介や宿舎の入居案内、看護師免許の手続きなどです。
そしてなんと最終号では、当院に入職し活躍している新人さんの様子をご家族へお届けしています。

【国立病院機構 久里浜医療センター】(神奈川県)の資料を請求する 【国立病院機構 久里浜医療センター】(神奈川県)に問い合わせする 【国立病院機構 久里浜医療センター】(神奈川県)に応募する

国立病院機構 久里浜医療センター(神奈川県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院