国立病院機構 帯広病院

【国立病院機構 帯広病院】(北海道)から看護学生へメッセージ

道東地区における基幹的役割を担う病院として、理想的な医療を目指して参ります。国立病院機構という医療の最前線で、めざす医療の実現のために、あなたのキャリアをためしてみませんか


募集職種
  • 看護師
病床数 353床
外来患者 - 入院患者 -
看護体制 専門病院入院基本料  7:1
結核病棟入院基本料  7:1
精神病棟入院基本料 13:1
障害者施設等入院基本料 10:1
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2020年4月入職者向け情報※各種タブを選択

全国142の施設と連携を図りつつ、北海道十勝圏域における「循環器疾患」、「精神疾患」、「呼吸器疾患」、「重症心身障害」に関する 専門医療を担っております。当院の基本理念である〈心のかよったケア〉、〈高度専門医療と信頼される質の高い医療〉の提供を念頭に、一人でも多くの患者様の信頼が得られるよう頑張って参りますので、よろしくお願いいたします。 

誰かのために働ける喜び、看護する喜びを感じられる職場。看護師は一生の仕事です。帯広病院に興味を持った方は、お問い合わせをお待ちしております。※インターンシップ・見学会は随時対応致します。


■看護部では、こんな人を求めています
*仲間と一緒に仕事をすることが好きな人
*自分の考えを自由に表現ができる人
*謙虚で学ぶ姿勢がある人
*自己の仕事に責任を持って遂行できる人

看護部長からのメッセージ

看護部長からのメッセージ

当院では、循環器の外科・内科で身体侵襲を伴う治療や急性期の看護を、精神科では心の健康と生活を見つめた人間対人間の看護ができます。そして、重症心身障害児(者)病棟では、唯一無二の命と向き合います。また、看護実践で大切にしていることは、専門職業人としての自覚と、人間性を備えた医療者としての思考・振る舞いです。これらは、他者への慈しみと倫理観・看護観を育てます。そして、患者さんのための看護に成長します。
多様な看護領域と5年間連続で新採用者の離職が無い当院で、自分に合った看護を見つけませんか。精一杯サポートします。

先輩からのメッセージ

【国立病院機構 帯広病院】(北海道)の先輩からのメッセージ

看護師
伊折 沙織

先輩ナースからのメッセージ

●看護師になってよかった!と思ったエピソードを教えてください
自分が患者さんに対し、その場で判断して行ったことや声掛けをしたことが、患者さんのためになったと感じたときです。また、学生の時は患者さんの家族にまで関わることが少なかったけれど、治療中から退院までを家族の方と共に援助し、一緒に患者さんの回復を喜べる時に、看護師になってよかったといつも思います。

●現在の職場はどのような雰囲気ですか?
結核と循環器内科の慢性期の混合病棟です。結核は病態や治療について専門的な知識が必要な疾患ですが、その時疑問に感じたことをスタッフ誰にでも質問しやすく、思ったことや判断したこともその場で一緒に考えてくださるので、不安なくのびのびと働けています。
また、慢性期の患者さんの小さな変化も見逃さず、すぐにチームで取り上げて対応を考えていくということをスタッフ全員が心がけているので、とてもまとまりがあると思います

【国立病院機構 帯広病院】(北海道)の資料を請求する 【国立病院機構 帯広病院】(北海道)に問い合わせする 【国立病院機構 帯広病院】(北海道)に応募する

国立病院機構 帯広病院(北海道)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院