>   > 医療法人渓仁会 札幌西円山病院

医療法人渓仁会 札幌西円山病院

【医療法人渓仁会 札幌西円山病院】(北海道)から看護学生へメッセージ

看護部理念である【豊かな心で、安心・安全な看護・介護を提供します】を基に、患者様ひとりひとりに寄り添った看護を提供しています。高齢者医療と看護をベースに、多機能慢性期病院として地域に貢献する札幌西円山病院で一緒に働き、そして看護師として共に成長しましょう!!


募集職種
  • 看護師
病床数 663床
外来患者 - 入院患者 -
看護体制 ・医療療養病床 20:1看護
・障がい者等一般病床 10:1看護
・回復期リハビリテーション病床 13:1看護
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2020年4月入職者向け情報※各種タブを選択

当院は障がい者一般病棟、回復期リハビリテーション病棟、医療療養病棟を有し、主に高齢者の患者様を中心に医療を提供しています。看護部理念である【豊かな心で、安心・安全な看護・介護を提供します】を基に、患者様ひとりひとりに寄り添った看護を提供しています。慢性期病院の役割が変遷していく中で、高齢者の総合医療・回復期リハビリ・神経内科領域と【多機能慢性期病院】として地域に貢献する病院として活動しています。
また、39年間培ってきた高齢者医療・高齢者看護の経験とリソースナースの知識を元に、2018年10月「高齢者看護院内認定看護師」コースを開講。高齢者看護のスーパージェネラリストの育成を目指しています。

高齢者が好きな方、高齢者看護に興味がある方は、まずは気軽にインターンシップ、病院見学会にお越しください♪

[当院の特徴]
患者様の平均年齢・・・[81.2歳] 
患者様の平均在院日数・・・[201.0日]
2015年から、スマイルカフェ(認知症カフェ)や地域公開講座の開講など、地域住民へ向けた活動も積極的に行っております。
2016年から、精神神経科医師と認知症認定看護師が中心となって認知症ケアチームを立ち上げ、入院患者さんへの認知症ケア、外来での認知症診療を強化しています。
2018年より、障がい者一般病棟の人員配置を13:1から10:1への変更し、より手厚い看護を提供する体制を整備しています。また、2018年7月より北海道で2番目となる「介護医療院」を開院(病院併設型)し、在宅機能の強化も図っています。

【おすすめ】
・専門看護師と認定看護師が多数在籍しています。今後も資格取得の支援を図るとともに、院内認定制度による専門知識の習得を支援しています。
・渓仁会グループの強みを活かした、キャリアアップ(手稲渓仁会医療センター・札幌渓仁会リハビリテーション病院等への研修・異動、社会福祉法人施設への転籍・研修)も可能です。

看護部長からのメッセージ

【医療法人渓仁会 札幌西円山病院】(北海道)の看護部長からのメッセージ

看護部長
浪岡 まさみ

看護部長からのメッセージ

当院は神経内科医療センターや回復期リハビリテーション病棟、障がい者一般病棟、医療療養病棟をもち、様々な方々に対応する慢性期病院として地域への貢献に取り組んでいます。主な役割は、急性期の治療を終えた患者さんに対する慢性期医療の継続やリハビリテーションの提供です。さらに神経内科外来や高齢者専門外来の開設をはじめとする外来機能の拡大や、クリニカルパスを利用した急性期病院との連携など、多機能慢性期病院としてその役割は変化してきています。このような環境の変化とともに、患者さんお一人おひとりの状況やニーズがますます多様化し、療養する場・退院していく場は多岐に渡ります。
札幌西円山病院の職員には、患者さんがどのような暮らしや暮らし方を望んでいるのか、できる限りご自分で選択していけるよう支え続けることが求められていると考えています。そこにしっかりと答えていくためには、外来へ受診される方や入院が決まった方の生活を見据えて関わっていくことが大切です。加齢や様々な病の中にあっても、持てる力を活かしてその人らしく生活してほしい、そのような願いのもと私たち看護・介護職員は患者さんの価値を大切にするために「その人」が歩んできた人生、これからも歩んでいく人生に寄り添い、支えとなる存在でいることを目指しています。

【医療法人渓仁会 札幌西円山病院】(北海道)の資料を請求する 【医療法人渓仁会 札幌西円山病院】(北海道)に問い合わせする 【医療法人渓仁会 札幌西円山病院】(北海道)に応募する

医療法人渓仁会 札幌西円山病院(北海道)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院