>   > 大分大学医学部附属病院

大分大学医学部附属病院

【大分大学医学部附属病院】(大分県)から看護学生へメッセージ

さらなる高度先進医療をめざして


募集職種
  • 看護師
  • 助産師
病床数 618床
外来患者 1005名 入院患者 510名
看護体制 -
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2020年4月入職者向け情報※各種タブを選択

本院では、平成22年度から7年間にわたり病院再整備を行っています。 これにより病院が全面改修されるほか、PET検査棟、救命救急センター棟、新病棟が新設されました。 救命救急センター棟には、4階屋上にヘリポートを設置し、ドクターヘリの運用を開始。 新病棟には、入院生活が快適に過ごせるよう個室を数多く確保しました。 こうしたリニューアルを図り、今後さらに地域医療に貢献いたします。

看護部長からのメッセージ

【大分大学医学部附属病院】(大分県)の看護部長からのメッセージ

看護部長
大戸 朋子

看護部長ごあいさつ

組織は人なりと言われますが、看護職としての専門性を高めるために、専門看護師・認定看護師を育成しています。また、ジェネラリスト教育では、院内認定制度の構築、新人看護師ローテーション研修など継続教育を充実させて人材育成を行っています。新人看護師ローテーション研修は、1年間で複数領域を研修することにより、多様な治療や看護の実際が体験でき、一つの部署では得る事のできない幅広い臨床実践能力の獲得を目指しています。新たな創造と魅力ある職場にしたいと思います。

病院再整備計画が進み、働く環境も整備されます。看護職が仕事にやり甲斐を感じ、生き生きと働き続けることが、患者さんへの質の高い看護の提供につながると考え、組織運営を行っています。

先輩からのメッセージ

【大分大学医学部附属病院】(大分県)の先輩からのメッセージ

看護師(キャリア2年目)
金田

大分大学医学部附属病院のおすすめ

新人看護師でいるうちはわからないことが多く、不安や緊張で押しつぶされそうなこともあります。しかし、当院はプリセプターによるマンツーマンの教育・指導を受けることができるため、私たち新人看護師にとってプリセプターはとても頼りになる存在であり、日々安心して業務を行う事ができます。また、新人看護師を対象とした研修も行われ、新人同士の交流を深めたり、心情を打ち明け合う場として活用することができます。病院を選ぶ際、教育体制がしっかりしていることはとても大きな魅力なので、是非、当院を選んでほしいと思います。

【大分大学医学部附属病院】(大分県)の資料を請求する 【大分大学医学部附属病院】(大分県)に問い合わせする 【大分大学医学部附属病院】(大分県)に応募する

大分大学医学部附属病院(大分県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院