兵庫県立がんセンター

【兵庫県立がんセンター】(兵庫県)から看護学生へメッセージ

科学と信頼に基づいた最良のがん医療を推進します。

※※資料請求は兵庫県立病院(兵庫県病院局)のページよりお願いします※※


募集職種
  • 看護師
病床数 397床
外来患者 - 入院患者 -
看護体制 7対1(専門病院入院基本料)
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2020年4月入職者向け情報※各種タブを選択

当センターは、「兵庫県立成人病センター」として長く診療を行ってきましたが、がん診療への比重が次第に高まり、また「がん対策基本法」に基づく「都道府県がん診療拠点病院(全国49施設)」の指定を受けたことを契機に、平成19年4月、施設名称を「兵庫県立がんセンター」に変更しました。
その責務は、圧倒的に質の高いがん医療を提供し続けると共に医療従事者の育成、新規治療法開発等の臨床研究、情報発信にあると認識し、その遂行に努めています。
また、当センターは東播磨医療圏域における唯一の地域がん診療拠点病院として、地域の医療機関と緊密に連携しています。


■看護部モットー■
がんセンター看護部では、働くみなさんの
「感じる・考える・気づく・行動する」
の4つのKを大切に楽しく看護ができることを支援します。
実践を通して楽しみを見つけ・作り、楽しみに変え、
楽しみを分かち合う力が高まるよう支援をします。

■教育体制■
当院の教育は、学ぶ人の知識欲を高める関わりを大切にしているのが特徴です。 「楽力アップ」を合言葉に、楽しく、興味を持って学習できるように関わりながら、がん以外の疾患についても学べるようフォローを行っています。 がん専門病院ならではの経験を積める現場で、「がん看護が好きっ」と言える人材を育てていきたいと考えています。
また当センターではプリセプターシップを導入しています。プリセプティ(新人)は、プリセプター(先輩)と共に歩みます。 また、サポーター(プリセプティ・プリセプターの支援者)を始め、スタッフ全員で新人を支えます。
そしてラダーシステムで個人の能力やライフスタイルに応じてキャリアをデザインし、看護師として成長し続けることができるように支援します。

当看護部で一緒に知識と技術を身につけ看護を楽しみながら、「寄り添う看護」をしませんか?

看護部長からのメッセージ

【兵庫県立がんセンター】(兵庫県)の看護部長からのメッセージ

副院長 兼 看護部長
中川裕美子

こころに寄り添う看護を

がん患者さんの「こころに寄り添う看護」を目指しています。
その実践のためには、患者さんの話をよく聴き、患者さんの訴えを感じ、察して、患者さんの希望をチームに相談することが大切になってきます。
根気よく患者さんに付き合える体力と、優しくて折れない心を持った方とぜひ一緒に働きたいと思っています。

【兵庫県立がんセンター】(兵庫県)に問い合わせする 【兵庫県立がんセンター】(兵庫県)に応募する

兵庫県立がんセンター(兵庫県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院