中部労災病院

【中部労災病院】(愛知県)から看護学生へメッセージ

当院の看護部は、キャリアラダーを用いて、看護師一人ひとりのキャリアアップを支援し、患者さんやその家族および職員に信頼される自律した看護師を育成しています。教育環境を整えるだけでなく、安心して働ける勤務体制と看護に専念できる体制づくりにも努めています。


募集職種
  • 看護師
  • 助産師
病床数 556床
外来患者 1250名 入院患者 413名
看護体制 3交代制(一部2交代制)
日勤→深夜勤、準夜勤→日勤はありません。
準夜、深夜勤務のタクシー送迎あります。
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2020年4月入職者向け情報※各種タブを選択

 当院は、名古屋市南部地域の中核病院であり、地域医療支援病院として、地域住民のニーズに応じた高度な医療を提供しています。
  労災病院は全国に33か所あり、勤労者(政策)医療の中核的役割を担うため、働く人々の職業生活を医療の面から支える理念の下、職業性疾病の予防をはじめ、治療からリハビリテーションに至る、働く人の健康を目指した「勤労者医療」を推進しています。当院には、予防医療センター(健康診断部)や治療就労両立支援センターがあります。愛知県がん診療拠点病院に指定されているので、がん治療を行いながら職場復帰を行う両立支援や緩和ケア等の取り組みをしています。また、勤労者メンタルヘルスセンター、勤労女性総合外来があり、勤労者の健康確保のための支援を行っています。
  このような労災病院の看護師として活躍していくために、看護部は、院内研修、院外研修を重視し、多彩な研修プログラムで、看護師一人ひとりの確実なキャリアアップを支援しています。新人看護師には、看護師として確実な知識と技術を身につけるための研修を行い、その後も看護師の学習ニーズや成長過程を尊重した段階的な教育を行っています。また、認定看護師やリソースナースの育成にも力を注ぎ、高い専門性を身につけて、チーム医療の推進や地域医療連携の強化を図っています。
  「患者中心」の医療を追求しながら、チームの中で成長し、楽しく仕事ができること、そして、患者さんとの触れ合いを大切にして、「明るく、楽しく」をスローガンに日々の看護業務に従事しています。

看護部長からのメッセージ

【中部労災病院】(愛知県)の看護部長からのメッセージ

看護部長
今田 広子

これから就職を希望する方へ

私たちは、誠実を基本理念として、「生命・生活」の質の向上に貢献できる看護の実践を目指しています。また、患者さんに寄り添える看護を提供し、患者さんとの出会いのなかから人間としても成長したいと思っています。
ワーク・ライフ・バランスを考慮した、ゆとりある職場で、私たちの仲間として共に成長し、看護する喜びを分かち合いましょう。

【中部労災病院】(愛知県)の資料を請求する 【中部労災病院】(愛知県)に問い合わせする 【中部労災病院】(愛知県)に応募する

中部労災病院(愛知県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院