大阪精神医療センター

【大阪精神医療センター】(大阪府)から看護学生へメッセージ

教育制度がしっかりしていて、スキルアップしていける魅力ある病院です!


募集職種
  • 看護師
病床数 473床
外来患者 253名 入院患者 411名
看護体制 15:1
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2020年4月入職者向け情報※各種タブを選択

大阪府立精神医療センターは、大阪府の基幹精神科病院として、高度な専門的知識、技術をもとに、患者さまの権利を尊重し一人ひとりの人生を大切にした、心のこもった質の高い医療サービスを実現します。

当 センター看護部は精神科基幹病院として社会のニーズに応えるために、ベッドサイドを中心とした日常生活の指導やサポートと共に治療のサポートを行い、患者 さまの社会復帰に向けての看護を実践しています。
看護師教育においては、新規採用者研修から2年目の事例研究発表まで段階的な指導を行います。
精神科看護師として身につけておくべき実践レベルの獲得、患者さまとしっかり向き合う姿勢が培われます。
さらにSST研修や専門看護コース(救急・急性期、児童・思春期)等を設け、学びを深めています。
また、日々の看護を看護研究にまとめ院内発表を経て、院外の学会へ情報発信しています。
実習施設としても、多くの看護学生の実習や看護教員の研修を積極的に受け入れています。


■主な役割及び機能
精神医療のセンター機能
措置入院、緊急措置入院、応急入院などの行政的医療
他の医療機関では対応困難な患者の受け入れ
児童思春期の精神障害など専門医療領域への対応
医療観察法に基づく精神障がい者の治療
及び社会復帰支援
臨床研修指定病院(協力型)

看護部長からのメッセージ

【大阪精神医療センター】(大阪府)の看護部長からのメッセージ

看護部長
正岡 洋子

大阪府の精神科基幹病院の看護師として、専門的知識・技術をもとに、こころのこもった質の高い看護を提供

当センターは、大正15年に設立され、平成25年3月に3代目の病院としてスタートしました。私たち看護部は、『「入院するならこの病院で!」といわれる病院』を目指して、患者さまの人権を尊重し、患者さまに寄り添う看護に努めてまいりました。
 看護部としては、外来や病棟のほか、デイケアセンター、活動療法センター、在宅医療室(訪問看護)において、看護師、准看護師、看護助手、児童指導員、保育士、総勢300名が勤務しております。
そして、医師はもとより、精神保健福祉士、作業療法士、臨床心理士、栄養士、薬剤師や事務職員などの多職種と協働して質の高いチーム医療を提供しております。

先輩からのメッセージ

【大阪精神医療センター】(大阪府)の先輩からのメッセージ

2008年入職
阿部 史雄

子どもたちの成長が大きな喜び

ほかの病院の一般病棟で経験を積んだ後、幅広く看護を学びたいと思い、当センターに入職しました。今は子どもの生活指導やプログラムに基づいた学習、レクリエーション療法などを行っています。子どもたちとの関わりは、できる限り自然に接するように心がけています。そうすれば子どもたちも心を開いてくれるんです。お互いの気持ちが通じたり、成長が感じられた時はすごくうれしいですね。また当センターは看護師の教育制度がしっかりしていて、スキルアップしていけることも魅力です。定期的に研修が開かれ、いろいろな知識や技術を学べるので、少しずつ着実に成長していきたいです。

休みの日はあまり仕事のことは考えず、子どもと遊んだり家族みんなでいろいろなところへ出かけたりするなど、家族とのコミュニケーションを大切にしています。今マイホームを探しているところで、いいなと思う物件を見てまわるのも楽しみのひとつですね。当センターはスタッフさんの理解もあり、土日にもお休みをいただけるのですごくうれしい。本当に感謝しています。子どもが大きくなり自分の時間が持てるようになったら大好きなバイクでツーリングに行きたいなと思うのですが、やっぱり今は子どもと一緒にいる時間がいちばん楽しいですし、最高のリフレッシュにもなっています。

【大阪精神医療センター】(大阪府)の資料を請求する 【大阪精神医療センター】(大阪府)に問い合わせする 【大阪精神医療センター】(大阪府)に応募する

大阪精神医療センター(大阪府)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院