>   > 東京都立病院(10病院)

東京都立病院(10病院)

【東京都立病院(10病院)】(東京都)から看護学生へメッセージ

「東京都看護職員就職説明会」を開催します
 日時 2019年3月23日(土)
 会場 東京都庁第一本庁舎5階大会議場
当日参加も可能ですので、是非ご参加をお待ちしています!

2020年4月採用 新卒看護職員の採用選考を実施します
 第1回 2019年5月25日(土)・26日(日)
 第2回 2019年8月3日(土)※看護師のみ
 募集人数 300名~330名(予定)


募集職種
  • 看護師
  • 助産師
病床数 5367床
外来患者 7235名 入院患者 4659名
看護体制 7:1など
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2020年4月入職者向け情報※各種タブを選択


★東京都立病院について★

東京都では、普通病院6、小児病院1、精神病院1の合計8病院と、2つの療育施設を設置し、都民に幅広いサービスを提供しています。 

これらの病院・施設では、高水準で専門性の高い診療基盤に支えられた「行政的な医療」を行い、ほかの医療機関との連携を通じて、東京都における良質な医療サービスの確保を図っています。

人材育成には特に力を入れており、研修体系「東京看護アカデミー」により、新卒採用職員については、3年間で基礎コースを学んでいただく、ゆとりある教育・指導体制をとっています。

また、産前産後の休暇制度、育児のための短時間勤務など、各種休暇制度が充実しているため、ワークライフバランスを保って働く環境が整っています

職員一人ひとりが「都立病院の看護師になって良かった」と思えるキャリアアップの支援、
働きやすい職場環境作りに力を入れています。

見学、インターンシップの申込に関しましては、各病院のホームページをご覧いただき、
各病院の看護部にお電話にてお問い合わせください。

【広尾病院】03-3444-1181(代表)
【大塚病院】03-3941-3211(代表)
【駒込病院】03-3823-2101(代表)
【墨東病院】03-3633-6151(代表)
【多摩総合医療センター】042-323-5111(代表)
【神経病院】042-323-5110(代表)
【小児総合医療センター】042-300-5111(代表)
【松沢病院】03-3303-7211(代表)
【北療育医療センター】03-3908-3001(代表)
【府中療育センター】042-323-5115(代表)

採用に関するお問い合わせは下記メールでも受け付けています。
S0000705@section.metro.tokyo.jp

島しょでは各島で看護師の採用を行っています。
詳細は、「島しょ町村等医療従事者募集(町村職員等)」のホームページをご覧ください。



★… 都立病院とは…? ★


【広尾病院】
救急災害医療、心臓病医療、脳血管疾患医療、島しょ医療が重点医療。助産師も募集!
(東京ER・広尾、広域基幹災害医療センター指定)

【大塚病院】
母子医療、小児医療、膠原病医療、リウマチ等に重点を置いた総合病院
助産師も募集!(総合周産期母子医療センター指定)

【がん・感染症センター 駒込病院】
がん、感染症医療が重点医療
(都道府県がん診療連携拠点病院指定、エイズ診療中核拠点病院) 

【墨東病院】
救急医療、周産期医療、感染症医療、精神科救急医療等が重点医療。助産師も募集!
(東京ER・墨東、地域がん診療連携拠点病院、母体救命対応総合周産期母子医療センター)

【多摩総合医療センター】
救急・がん・周産期医療が3本柱。助産師も募集!
(東京ER・多摩(総合)、地域がん診療連携拠点病院、総合周産期母子医療センター)

【神経病院】
あらゆる神経・筋疾患を対象とする専門的医療を提供

【小児総合医療センター】
都における小児医療の拠点!海外でも例が少ない「こころ」と「からだ」を総合した医療を提供

【松沢病院】
日本の精神科医療をリードする「こころ」の医療センター

【北療育医療センター】
様々な障害をもった方々を総合的に支援するために設立された総合医療療育施設

【府中療育センター】
重症心身障害児・者に対する高度医療と看護(療育)サービスを提供する施設

※詳細は、各病院ホームページをご覧ください。
 

看護部長からのメッセージ

Feel・Think・Act

 広尾病院は救急医療・災害医療等を重点医療とし、365日24時間休みなく医療サービスを提供する急性期病院です。

 看護部門は、患者中心の看護、安全な看護、専門性の高い看護、ホスピタリティ溢れる看護を実践するとともに、チーム医療を推進し、患者さんやご家族に安心と満足感を感じていただけるよう努めています。

 都立病院のスケールメリットを生かした院内外の研修受講が可能で、特に急性期看護や災害看護研修は現場に活用できる実践力を高めることができます。自ら学び成長したいと願う看護職員の方をお待ちしています。

先輩からのメッセージ

【東京都立病院(10病院)】(東京都)の先輩からのメッセージ

看護師
広尾病院

毎日少しずつ成長しています

 私は学生の時から自分が看護師になったら、災害時に負傷した患者さんを助けたいと考えていました。広尾病院に決めた理由は、基幹災害拠点病院であり、災害を想定した研修があるなど、災害に対しての備えや体制が整っている病院だと感じたからです。1年目から災害看護を学ぶことで、いつ災害が起こっても基礎レベルでも対応できるようになっていると考えます。配属された部署ではどのようなことが出来るのか、その中で自分はどのように動けばいいのかを考えながら災害看護を学んでいます。
 入職して1年が経ちますが、まだまだ覚えることが沢山あり大変な毎日を送っています。しかし、職場の先輩方から指導して頂き、不足している部分を理解する事で学びを深める事ができています。また、自分でもその日の仕事を振り返って、翌日の仕事を予習するようにしています。入職当初では欠かせなかったメモや手順書を見なくてもできることや知識が増えてきているので、少しずつでも成長しているのだなと実感しています。
 都立病院に興味のある方は、是非インターンシップにいらしてください。興味のある部署に行って自分の目で職場の雰囲気を感じることが大切だと思います。皆さんと働ける日を楽しみにしています。

ナース専科からひとこと

東京都が運営する10 病院、通称「都立病院」と呼ばれ、新卒は本部が一括採用します。心臓病医療、救急災害医療、総合周産期医療、東京ER、神経難病、小児ER、精神科医療、 療育など各病院が高水準で専門性の高い診療を行っています。新卒向け採用選考は東京会場では5月、7月、9月に実施します。 地方会場でも8都市で実施予定です。希望者はお見逃しなく!

【東京都立病院(10病院)】(東京都)の資料を請求する 【東京都立病院(10病院)】(東京都)に応募する

東京都立病院(10病院)(東京都)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院