川崎幸病院

【川崎幸病院】(神奈川県)から看護学生へメッセージ

《2年間で、あなたも急性期看護のプロになれる!!》


募集職種
  • 看護師
病床数 326床
外来患者 135名 入院患者 305名
看護体制 一般病棟 7:1
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2020年4月入職者向け情報※各種タブを選択

「一人ひとりを大切に育てます。だからあなたも2年間で急性期看護のプロになれる」

川崎幸病院は「断らない医療」を理念にかかげ、全スタッフが一丸となって救急医療に取り組んでいます。救急車を断らずに年間1万台以上の搬送を受け入れ、高度かつ専門的な急性期医療と看護を提供する地域の中核病院です。

川崎幸病院は2012年6月に新築移転をし、その機能を拡充。
初療室3床・ホールディングベッド14床をもつER、
ハイブリッド手術室1室を含め10室に拡大した手術フロア、
ICU8床の他に、各病棟にCCU(冠疾患集中治療室)・SCU(脳卒中ケアユニット)など
専門の超急性期病床を合計49床備え、専門性に基づいた重症集中医療・看護を行える体制を整えています。

新人教育については、
『2年間で急性期看護のプロを育てる』ことをコンセプトにしています。
BLS・ICLSプロバイダーの院内資格取得制度など、救急看護の実践力がしっかりと身につくような研修プログラムを組み立て、
教育担当・プリセプターが一人ひとりの成長のペースに合わせてサポートをし、
新人看護師全員が「急性期看護のプロ」になれるように
病院全体で支援していきます。

川崎幸病院は、
地域の医療ニーズに応え、
救急車を断らない医療を継続し、
地域の急性期病院としてこれからも発展していきます。

わたしたちと一緒に、
看護師としての大切な一歩を踏み出しましょう。

 

看護部長からのメッセージ

【川崎幸病院】(神奈川県)の看護部長からのメッセージ

副院長/看護部長
佐藤 久美子

スタッフの声を聞き入れ、前進しつづける急性期病院

川崎幸病院の魅力はスピード感。新しいことへのチャレンジ精神、そして実行力。それが当院の大きな魅力ではないでしょうか。

病院として前進していくためにも、スタッフ一人ひとりの声を大切にしています。誰が何を望んでいるのかを聞き入れ、質の高いケアのために、働きやすい環境をつくるために、良い意見はどんどん取り入れていきます。

教育面では、『2年間で急性期看護のプロを育成する』ことをコンセプトにし、ハイレベルな看護知識・技術を取得・定着させ、さらにキャリアアップが可能な環境を整え、院内でBLS・ICLSプロバイダーの資格を受けられる制度もつくりました。

これからも急性期病院として前進していく川崎幸病院で、私たちと一緒に看護師としての第一歩を踏み出しませんか。

先輩からのメッセージ

【川崎幸病院】(神奈川県)の先輩からのメッセージ

7年目看護師 川崎大動脈センターICU勤務
但馬 貴範

救急に強い看護師になれる、成長するチャンスを与えてもらえる、それが川崎幸病院の魅力

私は当院が新築移転した2012年に新卒として入職しました。当院を就職先に選んだ決め手は「救急に強い」という点です。特に川崎大動脈センターは大動脈疾患の手術件数が国内最多であり、このセンターで自分を鍛えたいと思いました。

1年目の配属先は私の希望を聞き入れてくださり川崎大動脈センターに。しかもICU配属でした。
ICUでの1年目を振り返ると、日々ドタバタして一人では何もできない状態でしたね。しかし先輩のみなさんのあたたかく丁寧なフォローのおかげで、少しずつ看護師としての自信が持てるようになりました。厳しい環境だったからこそ成長することができたとありがたく思います。

川崎幸病院は教育体制が整っています。特に卒後2年間の研修は基礎からしっかりと急性期看護が学べますし、何よりもBLSを1年目でマスターし、プロバイダー資格まで院内で取得できるのはすごいですね。

川崎幸病院の魅力は「いろいろなことをやらせてもらえる、チャンスを与えていただける」ところです。私も7年目を迎え、病棟運営や教育に関わるようになりました。病院からいただいたチャンスを活かして、課題は上長に進言し自らも改善に向けて動けるようにし、これからも川崎幸病院と一緒に成長していきたいと思います。

【川崎幸病院】(神奈川県)の資料を請求する 【川崎幸病院】(神奈川県)に問い合わせする 【川崎幸病院】(神奈川県)に応募する

川崎幸病院(神奈川県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院