>   > 埼玉医科大学(埼玉医科大学病院/総合医療センター/国際医療センター)

埼玉医科大学(埼玉医科大学病院/総合医療センター/国際医療センター)

【埼玉医科大学(埼玉医科大学病院/総合医療センター/国際医療センター)】(埼玉県)から看護学生へメッセージ

高い志と技術を持って、患者さんの寄り添える看護をめざします!!


募集職種
  • 看護師
  • 助産師
病床数 2723床
外来患者 - 入院患者 -
看護体制 看護配置 7:1
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2020年4月入職者向け情報※各種タブを選択

私の一日

【埼玉医科大学(埼玉医科大学病院/総合医療センター/国際医療センター)】(埼玉県)の私の一日の風景1

6:00 起床
6:50 出発
7:30 病院出勤・病棟業務

17:30 勤務終了
18:30 帰宅
19:00 夕食の準備

★休日の時間活用のコツ
朝起きたとき、その日にやるべきことを頭の中で並べて優先順位をつけ、お昼過ぎまでには終わらせます。
業務終了後は頭を切り替えて、リフレッシュの時間を確保しています。

埼玉医科大学総合医療センター 脳外科病棟 
熊倉美知子さん (長崎県出身/福岡看護専門学校卒業 2008年入職)

日常風景

【埼玉医科大学(埼玉医科大学病院/総合医療センター/国際医療センター)】(埼玉県)の日常風景1
PTから車椅子の移乗の注意事項を、患者さんと一緒に聞く。
【埼玉医科大学(埼玉医科大学病院/総合医療センター/国際医療センター)】(埼玉県)の日常風景2
チームカンファレンスではいつも積極的に発言する。
【埼玉医科大学(埼玉医科大学病院/総合医療センター/国際医療センター)】(埼玉県)の日常風景3
先輩看護師から後輩指導についてアドバイスを受ける。

病院の支援を受け 脳卒中リハビリテーション看護の 認定看護師資格を取得。 新たな活動に向け準備中

【埼玉医科大学(埼玉医科大学病院/総合医療センター/国際医療センター)】(埼玉県)の職場の雰囲気1
脳卒中看護を一から学び直すために、認定看護師教育課程への進学を目指す

脳卒中で倒れた患者さんが、寝たきりの状態から次第に回復されていかれる過程や、たとえ回復されなくても看護師の介入で患者さんに変化が見られるという、脳卒中看護に魅力を感じています。そのため急性期から慢性期まで、患者さんを一つの病棟で一貫して看られる当院に転職しました。当院に入職して2年目のときに、院外の「脳神経看護セミナー」に参加して、自分の看護を振り返るきっかけになりました。そのセミナーで意識障害の患者さんの意識をアップさせるための看護介入を知り、私自身、そのような看護ができていなかったと痛感。もう一度、脳卒中看護について一から学び直したいと強く思うようになりました。そこで病棟の師長に相談したところ、師長に後押ししてもらい、病院から認定看護師教育課程の研修に行かせてもらうことができ、2014年7月に認定看護師資格を取得しました。現在は教育課程の学びで得た知識と技術を病棟スタッフに伝え、医師やリハビリのスタッフとのカンファレンスを開いています。さらに、認定看護師としてフリーで活動できる日を確保し、病棟での勉強会も予定しているので、今はそのための準備をしているところです。

【埼玉医科大学(埼玉医科大学病院/総合医療センター/国際医療センター)】(埼玉県)の資料を請求する 【埼玉医科大学(埼玉医科大学病院/総合医療センター/国際医療センター)】(埼玉県)に問い合わせする

埼玉医科大学(埼玉医科大学病院/総合医療センター/国際医療センター)(埼玉県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院