>   > 東京都立東部療育センター

東京都立東部療育センター

【東京都立東部療育センター】(東京都)から看護学生へメッセージ

「もっとも弱いものをひとりももれなく守る」

<採用試験情報>
■選考日
2019年7月27日(土)及び8月31日(土)
上記以外の日程も随時受けていますのでお気軽にお問い合わせください。
■受付期間
選考日の一週間前まで


募集職種
  • 看護師
病床数 120床
外来患者 105名 入院患者 -
看護体制 障害者施設入院基本料7:1
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2020年4月入職者向け情報※各種タブを選択

「もっとも弱いものをひとりももれなく守る」を基本理念に、重い障害が重複している方々の生活の輝きと、命の尊さを第一に“やさしさ”“思いやり”の療育(看護)サービスを提供し、在宅障害者の地域生活を支援する総合療育センターです。
●この施設は、社会福祉法人全国重症心身障害児(者)を守る会が東京都の指定を受けて運営しています。

◇基本コンセプト◇
●総合療育センターの役割を担います
●高度な療育サービスを提供します
●在宅障害児(者)の地域生活を支援します
●情報の発信基地となります
●地域社会と協調します
◇事業規模◇
●入所・入院 120床
●外来診療  100人/日
●通  所   30人/日
●地域療育等支援事業の実施


◇採用選考のご案内◇
随時実施しております。
お気軽にお問い合わせください。
病院見学も受け付けております。 

看護部長からのメッセージ

相手の心の声に傾聴する看護

 当センターは医療施設であり児童福祉施設です。重度の障害を持っている方たちの看護と療育を行っています。ですから、看護技術・観察力と相手と向き合うことが求められています。相手のちょっとした変化を感じ取ることを一緒に学びましょう。

先輩からのメッセージ

【東京都立東部療育センター】(東京都)の先輩からのメッセージ

先輩
ナース

「心を通わせる」という看護

 治療や検査の介助をすることも大切ですがそれだけが看護ではありません。利用者と向き合い、今何が利用者にとって一番幸せなのかをじっくり考え、自ら行動できるのが療育での看護です。技術や知識は勿論必要ですが、それ以上に看護師としての姿勢や考え方が学べる環境があります。言葉で意思表示できない利用者と、日々接していく中で喜怒哀楽がハッキリ分かった瞬間や手の振り方や、視線の動き、ちょっとした表情の変化で心が通じ合ったと思えた瞬間に看護の喜びを感じ『頑張ろう』と素直に思います。心を通わせることに喜びを感じられる看護です。

ナース専科からひとこと

新卒者については、看護技術とマインド、どちらもマンツーマンで丁寧に教えたいというのが療育部の方針。ここは、大きな病院のNICUで働いていた看護師さんが「その子たちのその後の人生が知りたい」と言って転職してくる病院・・・つまり新人の一歩先のキャリアなのです。でも最初から療育を目指すなら、迷わず飛び込んで!

【東京都立東部療育センター】(東京都)の資料を請求する 【東京都立東部療育センター】(東京都)に問い合わせする 【東京都立東部療育センター】(東京都)に応募する

東京都立東部療育センター(東京都)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院