>   > 東京女子医科大学病院

東京女子医科大学病院

【東京女子医科大学病院】(東京都)から看護学生へメッセージ

臓器別・センター制による専門性の高い先端医療が貴重な経験と学びにつながります


募集職種
  • 看護師
  • 助産師
病床数 1379床
外来患者 3596名 入院患者 958名
看護体制 7:1看護
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2020年4月入職者向け情報※各種タブを選択

「至誠と愛」という建学の精神のもと創設された東京女子医科大学病院は、全国から重症・難治疾患の患者さんを受け入れ、臓器別・センター制による専門性の高い先進医療を提供しています。
診療科を超えた大規模なチーム医療をはじめ、ここでしかできない経験と学びを求め、医師・コメディカルも全国から集まっています。

看護体制においてはプライマリー・ナーシングを取り入れており、その相談と指導をするべくエキスパートナース制度を導入。部署を越えて専門性の高い看護が実践できる体制を整えています。

13の専門医療センターを含むすべての診療科を有し、患者さんのご要望にこたえるべく充実した医療を日夜行っています。

<東京女子医科大学:グループ病院です>
 

看護部長からのメッセージ

【東京女子医科大学病院】(東京都)の看護部長からのメッセージ

東京女子医科大学 統括看護部長
川野 良子

知識技術だけでなく、人間味のある、自分らしい看護を。

誠実であることと慈しむこと。それは、すべての患者さんに対し、自分の親、兄弟姉妹、友人だったらこうしてあげたいと思う看護を実践することではないでしょうか。医療がどんなに高度化、IT化しても、人の手と心に勝るケアはありません。心のこもった手厚いベッドサイドケアは、看護職の基本。まず患者さんに関心を持ち、理解することが看護の第一歩です。
看護の知識や技術と、人としての自分。両者のバランスが取れていることは、とても大切です。そして、知識技術は経験によって身についていきますが、人としての自分は意図的に磨いていく必要があります。たとえばそれは、恋愛や挫折の経験かもしれません。楽しいこともつらいこともたくさん経験して、人として成長していきましょう。
大学病院には教育機関としての使命と役割があります。個々の事情で退職しても、そのほとんどは看護師として働き続け、女子医大で身に付けたスキルと自信、そして誇りを持って全国の医療機関において活躍しています。長い歴史の中で培われてきた自由で進取な風土の中、若いみなさんにはぜひ多くのチャレンジをしてもらいたいし、それができる環境が女子医大なのです。

先輩からのメッセージ

【東京女子医科大学病院】(東京都)の先輩からのメッセージ

心臓病センターICU勤務/看護師/福島県出身
猪俣 真一

一番に心掛けていることは「患者さんの背景を知ること」です。

現在、心臓病センターのICUで勤務しています。臓器別センター制において心臓疾患の専門的知識を深め、心臓移植や補助人工心臓植え込み術等の最先端の医療を現場で学び、充実した日々を送っています。
ICUという環境は患者様やそのご家族にとって、とても精神的負担の強いられる場所です。人工呼吸器や各種モニター音が昼夜患者様を取り巻き、術後せん妄になるケースが少なくありません。私たち看護師の役割は、術後急性期の病態管理だけでなく患者様の精神的苦痛の軽減や家族の不安を受け止め、一日でも早く社会復帰できるようサポートすることです。

そして私は、患者と看護師という関係の前に一人の人間として正面から向き合うこと、一つ一つの行動に責任をもって接する事の大切さを先輩から教わりました。今は自分が教わってきたことを後輩に伝え、日々の関わりの中でともに成長し歩んでいきたいと思います。

【東京女子医科大学病院】(東京都)の資料を請求する 【東京女子医科大学病院】(東京都)に問い合わせする 【東京女子医科大学病院】(東京都)に応募する

東京女子医科大学病院(東京都)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院