>   > 東京小児療育病院

東京小児療育病院

【東京小児療育病院】(東京都)から看護学生へメッセージ

【障害児看護のトップランナーをめざす】1964年の開設以来、すべての障害児者とその家族が幸せに暮らせることを目指し、濃厚な医療的ケアを要する重度の障害児者の方を入所、在宅にかかわらず、積極的に支援してきました。特に重い障害を持つ方々の受け入れは、どこの施設にも負けない実績があり、日本の障害児医療の発展に貢献してきました。看護部はそんな障害児看護のプロッフェショナル育成に取り組んでいます。


募集職種
  • 看護師
病床数 176床
外来患者 250名 入院患者 172名
看護体制 障害者施設等入院基本料10対1
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2020年4月入職者向け情報※各種タブを選択

障がいを持った方が安心して暮らせる社会を目指して、我々が特に力を入れている点は、1、積極的な重症児者の受け入れ、2、在宅支援(外来、通所、短期入所)、3、地域支援です。
この事業の継続と発展のためには有能で熱意のある看護師さんたちの力が不可欠です。
是非とも、理想の実現のために一緒に協働してくださる、「あなた」の参加をお待ちしています。

看護部長からのメッセージ

【東京小児療育病院】(東京都)の看護部長からのメッセージ

看護部長
長田 幸枝

障害児看護のプロフェッショナルを目指しませんか!

医療的ケアを必要とする障害児の増加とともに、看護師の役割がますます重要となってきました。
看護師は在宅から入院まで、さまざまなフィールドで専門性を発揮した支援を行っています。
看護部は”根拠に基づいた説明できる看護を実践する看護師”の育成を目指し、充実した新人看護師臨床研修で皆さんを待っています。

先輩からのメッセージ

【東京小児療育病院】(東京都)の先輩からのメッセージ

摂食・嚥下障害看護認定看護師
金 志純

障害をもった子どもと家族が笑顔でいられるために、共に歩む

日本赤十字広島看護大学 ヒューマン・ケアリングセンター
摂食・嚥下障害看護認定教育課程修了
2014年度入職
私は、重症心身障害看護において摂食嚥下障害看護の重要性を感じ、認定看護師資格を取得しました。重症児・者への摂食嚥下障害看護を広めたいと考え、昨年度当院へ就職し、多職種やスタッフと共に協働しながら現在は少しずつ活動を行なっています。当院は認定看護師などの資格取得や更新に対しての支援体制もあり、利用者のQOLの維持・向上を目指しながら今後も自己研鑽に努めていきたいと思います。

【東京小児療育病院】(東京都)の資料を請求する 【東京小児療育病院】(東京都)に問い合わせする 【東京小児療育病院】(東京都)に応募する

東京小児療育病院(東京都)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院