>   > 東邦大学医療センター大橋病院

東邦大学医療センター大橋病院

【東邦大学医療センター大橋病院】(東京都)から看護学生へメッセージ

2018年6月に新病院に移転しました。最先端技術が導入された医療設備を持ち、多職種や地域との連携をさらに充実させた高機能病院に生まれ変わりました。大橋病院看護部では、すべての患者さんの生きる力を引き出し、支える看護を提供することを理念としています。


募集職種
  • 看護師
病床数 319床
外来患者 1034名 入院患者 289名
看護体制 一般病棟7対1入院基本料 平均在院日数8.4日
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2020年4月入職者向け情報※各種タブを選択

 2018年6月に新病院に移転しました。病床数は319床とコンパクトになりましたが、高度で専門的な医療を提供する「高度急性期病院」であるとともに、地域医療機関と連携しながら信頼される地域の中核病院として医療を提供しています。
 新病院を機に『生きる力を引き出し、支える看護を提供します。』を看護部の新たな理念としました。患者さんの一番身近な存在として、患者さんやご家族の思いや生き方を理解し、患者さんの生きる力を最大限に引き出すことを目指して、常に「心によりそう看護」を提供したいと考えています。また、当院には、多岐にわたる医療チームがあり、その要となるのが看護師です。多職種と連携をとり、患者さんにより質の高い医療を提供できるように努力していきます。

看護部長からのメッセージ

【東邦大学医療センター大橋病院】(東京都)の看護部長からのメッセージ

副院長・看護部長
遠藤 敏子

当院の誇りあるジェネラリストナースたちと一緒に看護を実践しませんか。

 超高齢社会といわれる現在、当院で高度急性期医療を受ける患者さんの高齢者率も高くなっています。そのようななか、看護部では「生きる力を引き出し、支える看護を提供します」と理念を掲げました。患者さんの一番身近な存在として患者さんによりそい、患者さんの意思を聴き、理解します。そして患者さんの生きる力を引き出し、それを支える看護を目指しています。看護師は「何を大切に看護するか」の視点で看護の意味づけが出来るような教育システムを活用し、人材育成しています。ひとつの疾患にとらわれずに、患者さんの心理や社会的側面などを含めた全人的な看護が実践できるジェネラリストナースの育成を目指しています。

先輩からのメッセージ

【東邦大学医療センター大橋病院】(東京都)の先輩からのメッセージ

緩和ケア認定看護師
吉田 小百合

その人らしく生きるために、「いたみ」によりそえる看護

 2人に1人ががんになる時代となりました。医療者に気を使って、痛みなどの身体症状や生活する上での困りごとを抱えたまま、耐えている患者さんは少なくありません。痛みを我慢することが闘病と思い、ベッドで安静にしている患者さんもいます。がんであっても、最後までその人らしく生きることができる、安楽に過ごすことができるように、患者さんやご家族に接しています。
 私は緩和ケアチームの一員として活動をしています。緩和ケアチームは多職種で構成され、私はそこでチーム間やチームと院内のスタッフが円滑に協働できるように「つなぐ」役割を担っています。緩和ケア認定看護師となり、患者さんの希望、価値観を理解し、その方にあった医療の提供と生活のしやすさを考え、看護ケアに取り入れることができるようになりました。
 学生の皆さん、一緒に患者さん、ご家族の笑顔のために、やりがいを感じながら看護をしてみませんか。











【東邦大学医療センター大橋病院】(東京都)の資料を請求する 【東邦大学医療センター大橋病院】(東京都)に問い合わせする 【東邦大学医療センター大橋病院】(東京都)に応募する

東邦大学医療センター大橋病院(東京都)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院