聖路加国際病院

【聖路加国際病院】(東京都)から看護学生へメッセージ

学び、成長して、その先へ。


募集職種
  • 看護師
  • 助産師
病床数 520床
外来患者 2700名 入院患者 460名
看護体制 7対1
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2020年4月入職者向け情報※各種タブを選択

聖路加国際病院は、1901(明治34)年に米国聖公会の宣教医師であったルドルフ・トイスラー博士によって設立されました。
「キリスト教の愛の心が人の悩みを救うために働けば、苦しみは消えて、その人は生まれ変わったようになる。この偉大な愛の力を、だれもがすぐわかるように計画されてできた、生きた有機体がこの病院である」
トイスラー院長のこの理念を常に具現化してきた聖路加国際病院は入院生活の快適さとプライバシー尊重を追求し、小児病棟の一部を除くすべての病室が個室となっています。
また、快適な出産のために陣痛・分娩・回復(LDR)が一室で、家族立会いのもとで行うことができるようになっています。
2012年には国際医療施設認証機関JCIの認証を受け、国際的な評価を得ました。

当院では専門職業人としての自覚と自律性を育むため、院内プログラムを充実させ、個人のさまざまなチャレンジを支援する環境を整えています。

急性期病院ですが、訪問看護ステーション、助産院、予防医療センターもあり、多様な活動の舞台があります。

聖路加国際病院で、看護師としてのあなたの夢を叶えてみませんか。

先輩からのメッセージ

【聖路加国際病院】(東京都)の先輩からのメッセージ

消化器内科病棟
納 麻亜子

憧れの病院でしっかり経験を積み、将来は緩和ケアに携わりたい

看護の第一線をリードしてきた歴史ある当院で働くことが、学生の頃からの憧れでした。インターンシップに参加して、患者さんを尊重した看護をしていること、教育体制が充実していることを知り、迷わず入職を決めました。消化器内科を希望したのは、学生時代に実習で受け持った消化器内科の患者さんに十分なケアができず、いつか満足してもらえるケアがしたいと思っていたからです。
入職したての頃は優先順位がつけられず、業務が終わらないこともありましたが、先輩が次回までの課題を一緒に考えてくれることで「今度は頑張ろう」と思えました。優しい先輩たちの丁寧な指導のもと、一人で確実にこなせる業務も増えています。病棟にはさまざまなステージのがん患者さんが入院していて、患者さんから学ぶことも多いです。今よりも安全安楽なケアを提供できるようしっかり勉強し、将来は緩和ケアに携わりたいと思っています。

聖路加国際病院(東京都)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院