>   > 地方独立行政法人 明石市立市民病院

地方独立行政法人 明石市立市民病院

【地方独立行政法人 明石市立市民病院】(兵庫県)から看護学生へメッセージ

「あなたに会えてよかった」と言っていただける看護を目指して!


≪茶話会・インターンシップのお申し込みは病院ホームページから≫
 


募集職種
  • 看護師
病床数 357床
外来患者 560名 入院患者 238名
看護体制 ◎7:1方式
◎3交替制(日勤8:30~17:15、準夜16:20~翌1:05、深夜0:30~9:15)
◎2交替制(日勤8:30~17:15、夜勤16:00~翌9:30)
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2020年4月入職者向け情報※各種タブを選択

 明石市立市民病院は、「患者中心の安全で高度な医療を提供し、市民の生命と健康を守り、市民からの信頼に応える」を基本理念として、平成23年10月に地方独立行政法人として再出発しました。

救急車受入台数は3500台となり、それに伴って整形外科や消化器外科を中心とした手術件数も増加し、また循環器内科の24時間365日救急対応とも相まって急性期診療は活性化しました。
一方、医療介護一体改革に伴って地域ニーズが高まっている回復期から在宅医療への関わりにも力を入れ、平成30年5月から「病院併設型訪問看護ステーション」を開設し、さらに平成31年からは「回復期リハビリテーション病棟」も稼働します。「在宅から入院、そして在宅へ」を合言葉に、高齢社会における患者さんに寄り添う医療も大切にして参ります。

明石市は魚は日本一、人情も日本一、温暖で風光明媚な良い街です。
私たちの市民病院で地域医療を支えるチームの一員となって頑張ってみませんか?

理事長 藤本 莊太郎

 

 

看護部長からのメッセージ

【地方独立行政法人 明石市立市民病院】(兵庫県)の看護部長からのメッセージ

看護部長
堀口 由香里

「ありがとう」の言葉に値する看護を。

看護部は、「生命の尊厳と人間性を尊重し専門職としてやさしく信頼される看護を提供します」という理念のもと「愛・心・絆」を合言葉に日々邁進しています。
愛は地域と病院をつなぐ、心は患者さんと医療をつなぐ、絆は看護師同士はもちろん、医師、コメディカルをつなぐチーム医療を表しています。
看護師が担う役割は、患者さんのそばで患者さんの持てる力を最大限に引き出すとともに、患者さんの意志を尊重し意思決定を支援し、また365日24時間、患者さんに寄り添い、鋭い観察の目と温かな手で護っています。鋭い観察の目には高い能力と技術が、温かい手には「心」が必要です。患者さんに信頼され安心していただくために知識・技術の習得や常に豊かな心を育む努力を行っています。
患者さんからの「ありがとう」の一言は「看護師になってよかった」と思える魔法の言葉です。その言葉に値する看護を実現するため看護部は努力しています。

先輩からのメッセージ

【地方独立行政法人 明石市立市民病院】(兵庫県)の先輩からのメッセージ

看護師
小松 茜

看護師を目指すみなさんへ

私の所属は、4階西病棟です。
4階西病棟は、外科、泌尿器科、消化器内科の混合病棟です。主に周手術期にある患者さんの看護を行っています。

手術や検査で毎日こなすべき事がたくさんある部署ですが、看護師間はもちろん、他職種のスタッフともしっかり連携を取りながら、仲良く楽しく働いています。

みなさんと一緒に働けることを楽しみに待っています。

ナース専科からひとこと

明石市立市民病院では、病院の雰囲気を感じてもらうために“茶話会”というネーミングで、お茶を飲みながら先輩看護師さん達と気軽にコミュニケーションが取れる場があります。スーツ不要、その他持ち物も不要です。 学生さんに非常に人気の“茶話会(さわかい)”ですので、まずは茶話会にエントリーを! (※茶話会は病院HPからエントリーできます)

【地方独立行政法人 明石市立市民病院】(兵庫県)の資料を請求する 【地方独立行政法人 明石市立市民病院】(兵庫県)に問い合わせする 【地方独立行政法人 明石市立市民病院】(兵庫県)に応募する

地方独立行政法人 明石市立市民病院(兵庫県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院