>   > 高槻赤十字病院

高槻赤十字病院

【高槻赤十字病院】(大阪府)から看護学生へメッセージ

私たちは看護の基本を大切にし、ぬくもりのある看護を目指します。エルダーナースと共に、充実したサポート体制であなたの成長を温かく見守ります。ご応募をお待ちしております。


募集職種
  • 看護師
病床数 446床
外来患者 740名 入院患者 300名
看護体制 一般病棟7:1
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2020年4月入職者向け情報※各種タブを選択

 当院は、大阪と京都のほぼ中央、南に大きく開けた市街地を望む景勝の地、良好な住環境を誇る北摂地域高槻市北部に位置し、446床を有する公的医療機関 として地域医療の基幹的病院の役割を担い、良質でぬくもりのある医療を提供し、地域の人々から厚い信頼を寄せられています。
1999年に「臨床研修病院」の指定を受け、2002年に開設した「緩和ケア病棟」による終末期医療の充実にも努めています。また、2005年より導入し た電子カルテシステム、2006年に完成した新手術棟やマルチスライスCTなどの最新医療機器の更新、2008年には7:1入院基本料の取得など、絶え ず、医療の質の向上とアメニティの充実に努め、2009年には(財)日本医療機能評価機構より病院機能評価の認定を更新、2010年には「放射線治療装置 リニアック」を導入し、先進医療に積極的に取り組んでいます。
さらに、2011年には「地域支援病院」に承認され、今後ともますます地域の医療機関との連携を強化して、地域の医療の向上に努めていきます。

赤十字活動の根幹である災害救護活動にも取り組んでおり、「東日本大震災」においても救護医療班を派遣し救護活動の一端を担うとともに、各種災害救護訓練にも日頃から参加をすることで災害救護活動の充実に取り組んでいます。

看護部長からのメッセージ

【高槻赤十字病院】(大阪府)の看護部長からのメッセージ

副院長兼看護部長
松井 和世

現場で育ちあい看護力を身につける!

様々な環境で看護基礎教育を受けられた皆様にとって、これからのキャリア形成はとても重要です。当院では新人看護職員研修を始め各コース別の研修を展開しています。特に看護実践能力の向上を図り、チーム医療を展開できる能力を高めるとともに、自律した看護師になるようめざしていきます。赤十字の理念のもと、相手を思いやる心と看護が好きという気持ちを原点にして、安全で安心の医療に貢献できる人材を育成いたします。そして働きやすい環境を作り、一人ひとりの個性を大切にした育ち学びあえる組織の中で、看護師として成長していきましょう。

先輩からのメッセージ

【高槻赤十字病院】(大阪府)の先輩からのメッセージ

新人看護師
村上 理紗

新人看護師からのメッセージ

私が働いている病棟は呼吸器内科と皮膚科の混合病棟です。急性期から終末期まで幅広い看護を行っており、疾患によっては急性期と慢性期を繰り返し長い経過をたどることもあります。医師やコメディカル、地域の医療機関とも連携し、患者さんが病気とうまく付き合いながらその人らしい生活を送れるような看護を提供を目指しています。      

私が高槻赤十字病院に入職した理由は、インターンシップに参加して看護師さんが楽しそうに患者さんと接していて、雰囲気がよく、また、独立型の緩和ケア病棟もあり、2交替制というのも決めてのひとつでした。入職後は毎日覚えることばかりで、社会人としての大変さを実感していますが、優しい先輩方に支えられ頑張ることができています。最近、患者さんに“ありがとう”と言われる事が多くなり嬉しく思っています。ありがとうの言葉に“責任の重み”を感じ、患者さんに寄り添う看護ができるように努力していきたいです。

しんどいことや大変な事もたくさんありますが、その分やりがいや楽しさも感じられ、何よりアットホームで新人を大切にして下さる病院である先輩の愛ある指導のもと、自分らしく頑張れる素敵な環境です。
1人でも多くの方と一緒に働ける日を楽しみにしています。

ナース専科からひとこと

 「医療救護班活動」に注目です。同院では2009 年の「兵庫県佐用町の豪雨災害」に救護医療班を派遣しました。 日頃から有事に備え、職員の資質向上のために各種災害医療訓練に参加することや、救護倉庫を新設し、救護物品の備蓄、車両の整備をすすめることで、災害救護活動の充実に取り組んでいます。

【高槻赤十字病院】(大阪府)の資料を請求する 【高槻赤十字病院】(大阪府)に問い合わせする

高槻赤十字病院(大阪府)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院