国立病院機構 南京都病院

【国立病院機構 南京都病院】(京都府)から看護学生へメッセージ

平成24年春 新病棟完成!夢と希望を胸に看護の質の向上に向け邁進しています


募集職種
  • 看護師
病床数 350床
外来患者 - 入院患者 -
看護体制 一般病棟/10:1 障害者病棟/10:1 結核病棟/15:1
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2020年4月入職者向け情報※各種タブを選択

当院は、昭和14年2月に傷痍軍人京都療養所として設立され、昭和20年12月に厚生省に移管し国立京都療養所となり、広く国民医療を担当する施設として再発足しました。昭和44年からは4年間で重症心身障害児病床120床を設置、昭和50年4月には国立療養所南京都病院に名称変更しています。その後国民医療の質的、量的な変化に伴い政策医療推進のため平成16年4月1日より国立病院、療養所が新たに独立行政法人国立病院機構として一つの組織の元に再スタートを切りました。
当院は、結核はもとより、非結核性呼吸器疾患(肺がん、呼吸不全、喘息、慢性気管支炎等)、重症心身障害、小児慢性疾患、神経・筋疾患、長寿医療、慢性肝疾患、脳卒中リハビリ並びに一般疾患の診断と治療を主体とした診療機能をもち、専門性を生かした高度医療の充実を図っています。

【国立病院機構 南京都病院】(京都府)の資料を請求する 【国立病院機構 南京都病院】(京都府)に問い合わせする 【国立病院機構 南京都病院】(京都府)に応募する

国立病院機構 南京都病院(京都府)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院