姫路聖マリア病院

【姫路聖マリア病院】(兵庫県)から看護学生へメッセージ

1950年の開設以来、兵庫県南西部の基幹病院と当院は地域医療を支えてきた姫路聖マリア病院。ホスピス開設も兵庫県で第1号となっています。地域住民の不安軽減と安全と安心の医療の提供を目指し、救急・周手術期・周産期医療の機能充実を図っています。助産師30名体制による助産専門外来、各種認定看護師・専門看護師を中心としたチーム医療を推進。


募集職種
  • 看護師
  • 助産師
病床数 440床
外来患者 759名 入院患者 310名
看護体制 7:1
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2020年4月入職者向け情報※各種タブを選択

当院看護部のみんなに聞いた「この病院を選んだ理由は?」

第1位 教育・研修体制が充実していたから
第2位 病院・働いている人の雰囲気が良かったから
第3位 PNS(パートナーシップナーシングシステム)を導入していたから


~ホントのきもち~
・学校の先生から、姫路聖マリア病院は教育にとても力を入れていると聞いていた。
・実際に病院見学説明会で詳しく聞き、インターンシップ研修を受け、この病院で教育を受けてみたいと思った。

看護部長からのメッセージ

【姫路聖マリア病院】(兵庫県)の看護部長からのメッセージ

看護部長
沢田 洋子

看護師の喜びややりがいを当院で見つけてください!

近年、医療技術の高度化によって、チーム医療のなかで求められる看護師の役割もますます高くなっています。
ちょっとスポーツのチームを思い浮かべてみてください。例えばサッカーチームでも一人ひとりに与えられたポジションがあり、そのポジションにふさわしい精鋭しかチームに入ることができません。そしてみんながゴールを決めるという同じ目標に向かって、それぞれの役割を徹底的に遂行していきます。
これは医療の現場でも同じです。私たち看護師は、医師や他の医療従事者とは違う視点から患者さまを支えていくプロフェッショナルでなければいけません。
そこで当院では、新人看護師を一人前のプロフェッショナルに育てあげる教育プログラムを用意しています。

先輩からのメッセージ

【姫路聖マリア病院】(兵庫県)の先輩からのメッセージ

外科病棟勤務
田中 郁実

先輩からのメッセージ

Q1.勤務している病棟の特徴を教えてください。
A1.私の勤める病棟は外科病棟です。特に消化器・呼吸器・乳腺の外科的治療を対象としています。特に特徴的なのは、当病棟で手術を受けられた方の術前・術後の化学療法も対象としている点と、病棟からの自宅退院が多い事の2点です。術前・術後の周術期のみではなく、回復期・維持期、そして終末期と幅広いステージで頑張っておられる方に寄り添えるところが私の病棟の特徴だと考えます。

Q2.看護を目指す人たちにメッセージをお願いします。
A2.看護の仕事は決して楽な仕事ではありません。毎日緊張を強いられますし、自分の至らなさに苦しんだり、人の痛みや苦しみ、死に寄り添うことが辛くなったりすることもあります。でも、その中でいろんな経験ができますし、患者さんと楽しい・嬉しいを共有することができ、毎日、刺激にあふれています。
だから私は看護の仕事が好きですし、看護の仕事を誇りに感じています。近年ますます広がりをみせる看護の領域の中で、みなさんがどのような形で力を発揮されることになるかはわかりませんが、どこであっても、いろんなことに好奇心を持って向き合い、そこで得たことを対象者さまへお返しすることを楽しいと感じてもらえたら嬉しいと思います。応援しています。

【姫路聖マリア病院】(兵庫県)の資料を請求する 【姫路聖マリア病院】(兵庫県)に問い合わせする 【姫路聖マリア病院】(兵庫県)に応募する

姫路聖マリア病院(兵庫県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院