>   > 独立行政法人地域医療機能推進機構 下関医療センター

独立行政法人地域医療機能推進機構 下関医療センター

【独立行政法人地域医療機能推進機構 下関医療センター】(山口県)から看護学生へメッセージ

人々の人権を尊重し、信頼される優しい看護をめざします


募集職種
  • 看護師
  • 保健師
病床数 315床
外来患者 550名 入院患者 190名
看護体制 3交代制(一部2交代制)
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2020年4月入職者向け情報※各種タブを選択

看護部の理念である「人々の人権を尊重し、信頼される優しい看護」をめざし、日々、明るい職場環境の中で患者さんに向き合っています。
急性期病院として、さらに質の高い看護実践へ向けて、平成22年5月に「7:1看護体制」を取得いたしました。また、今後の課題として「二交代制の導入」 も検討中です。新人看護師は、新人看護職員卒後臨床研修制度に則って、クリニカルラダーによる院内教育、年間教育スケジュールに基づき、「知識を知力とし て幅広く生かせる看護師」の育成を行っています。特に認定看護師の育成に力を入れております。
また、看護師がより安心して働くことが出来るサポート体制として、子供を預けて働く方には保育所の利用があります。
このような当院で看護職員として働いてみたい方を、ぜひとも歓迎いたします。

看護部長からのメッセージ

部長のひと言

看護職員一人一人が組織にとっての宝物!
小さな芽を大切に、陽当たり(栄養=教育)と風通しの良い職場(風土)で育てていきたいと思っています。
やる気・元気・笑顔のステキなあなたを待っています

先輩からのメッセージ

2年目看護師を迎えて

私は学生として3年間、病棟で勤務していました。昨年、国家試験に合格し、晴れて看護師として新人研修から受講しました。4月の新人研修。5月の宿泊訓練では、山登りや食事作り、アロママッサージなど、新人同士、同期との親睦をはかる事が出来ました。またローテーション研修では、所属病棟とは違う、環境・雰囲気・病態を学ぶ事が出来ました。また、手術室では、初めて経験する事が多くとても良い体験となりました。

ICU研修においても、急性期の特殊性を学ぶ事が出来ました。病院内であっても、所属病棟しか知らなかった為、とても新鮮でした。また、毎月行われた研修では、同期職員と情報交換する事ができ、とても良かったと思います。

今、2年目を迎えていますが、今まで以上に知識・技術を身につけて行きたいと思います。病棟の先輩方々に優しく指導して頂き1年が過ぎました。失敗して辛い時に上司から、「同じ失敗を繰り返さないこと。出来るって信じているから」と助言されたことは、今でも心に響いています。また、患者さんからの「ありがとう」との一言にも癒され、元気の源となっています。一言の大切さ、思いやり、笑顔を絶やさずにこれからも頑張ろうと思います。

【独立行政法人地域医療機能推進機構 下関医療センター】(山口県)の資料を請求する 【独立行政法人地域医療機能推進機構 下関医療センター】(山口県)に問い合わせする 【独立行政法人地域医療機能推進機構 下関医療センター】(山口県)に応募する

独立行政法人地域医療機能推進機構 下関医療センター(山口県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院