>   > 長野市民病院

長野市民病院

【長野市民病院】(長野県)から看護学生へメッセージ

がん・救急を中心とした急性期病院


募集職種
  • 看護師
病床数 400床
外来患者 926名 入院患者 366名
看護体制 一般病棟 7対1入院基本料 平均在院日数 11.0日 正看比率100%
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2020年4月入職者向け情報※各種タブを選択

長野市民の長年の希望に沿う形で平成7年6月1日に開院し、今年で24年目を迎える病院です。平成28年4月から地方独立行政法人となり、より市民の視点に立って、効率的且つ質の高い医療が提供できる体制づくりに努めています。当院の理念は、地域に開かれた病院として、高度で良質、安全な医療を心を込めて優しく、温かく提供することとしており、開院以来の全職員の努力もあり、市民から高い評価を得ています。「がん診療」「救急診療」「脳・心臓・血管診療」を中心に据え、特にがん治療の実績については県下でも有数であり、「地域がん診療連携拠点病院」の指定を受けています。また、救急車の搬送台数も4300台を超え、地域の安心を支えています。

新卒ナースに聞いた!長野市民病院が働きやすい理由♪
 
 
■教育体制や教育プログラムがいい!(約70%の新卒ナースが教育制度に満足しています)
 
・1ヶ月間研修があり、基礎知識や技術を学んでから臨床の場に立てたため自身を持って患者様にケアを行うことができた。
・臨床研修制度の支援体制は手厚い。臨床研修期間が終了し、部署へ配属となったあともフォローアップ研修などえお通じ継続して支援してくれる。
・臨床研修制度を選択でき、1ヶ月毎に様々な部署で看護を実践していく中で、各部署特有の疾患や治療を学ぶことができると同時に、
 ローテーションの中で自分の適正を判断していくことができます。新人のうちに幅広く疾患に触れることで、自分に自信がつきました。
・一般的な病棟配属はもちろん、半年のローテーションから、自分が配属したい病棟を選ぶことができる臨床研修など、自分のペースに合わせた新人教育を行えました。
・1人1人のスピードにあわせて指導してくれる。自分が何をできて、何が出来ないのか一つずつ確認しつつステップアップしていくことができるので、
 自分なりの速度で成長できます。
・受け持ち人数を徐々に増やしたり、休日勤務や夜勤が始まるのが他の病院に比べてゆっくりだったりと、新人教育の時間をかけてもらえるため無理なく業務になれることが出来たと思います。
・他の病院では5月から夜勤などが始まっているのに対し、長野市民病院ではそれぞれの成長に合わせて業務などを調整してくれる。
 
 
■職場の雰囲気がいい!
 
・「最近どう?」など、新人にも頻繁に声をかけてもらえるため、分からないことがあったときに聞きやすい環境です。
・医師・看護師・リハビリ・検査など様々な職種、また看護師同士綿密にコミュニケーションをとりながら患者さまを支援しています。
 そのため、スタッフ同士の関係性、信頼関係はとても良いと感じています。
・チームが異なる先輩もよく声をかけてくださり、熱心に丁寧に指導して頂いています。病棟全体でフォローして頂いていると感じました。
・忙しい中でも、なんとか話す時間を作ってくれるなど、着にかけてくれる。疑問に思ったことをすぐに聞き返せる環境。(自分の思いを伝えやすい)
・休憩中はプライベートな話もできるほど和気藹々としている。話やすく、相談なども気負いなく行える。スタッフ同士の仲が良い。
 
 
■職場の先輩看護師がいい!
 
・プリセプターだけでなく、病棟全体で新人看護師を育てようと、多くの先輩あらアドバイスを受けられる。経験や知識をちょっとした合間にも丁寧に指導してもらえる。
・チームメンバーも新人の技術取得状況などを把握していてくれて、声をかけてもらえたりフォローしてもらえて心強い。
・注意をする際も、何をすれば良かったのかを示してくれた上で話をしてくれるので、自分の何が至らず、どんなことを今後補っていけばいいのかが分かります。
・患者さまに関わる前の準備として、見学や技術習得が計画されており、知識と方法を理解してから患者さまのケアに入ります。
 そのため、自分自身も安心した状態で看護できるよう、先輩方がフォローしてくれます。
・どんな時でも患者さまの言葉には耳を傾け丁寧に患者さまと接している。確実な根拠を元に看護実践している。
・患者さまと丁寧にコミュニケーションがとられており、患者さまから感謝の気持ちを伝えて頂くことが多い。
 
新卒ナースの生の声の一部ではありますが、長野市民病院でやりがいを持って楽しく働かれている職員が多いです。
当院では、インターンシップ、病院見学会を実施しておりますので、ご興味をお持ちいただけた方は是非病院を見に来てくださいね!
 
 
●お問い合わせ先
長野市民病院 看護部 (担当:藤牧【内線4102】)
電話:0120-511-990フリーダイヤルをご利用ください
 

看護部長からのメッセージ

【長野市民病院】(長野県)の看護部長からのメッセージ

副院長・看護部長
藤澤和子

「より質の高い看護、自分に誇りが持てる看護」を目指して

看護部は、「命のいとおしさを大切に、人間味あふれる医療を提供する」という病院の理念を、質の高い看護という形で患者さまに提供する使命があります。“質の高い看護”を提供するとは、五感による高い感性や確かな知識・技術に基づいた一人ひとりの患者さまに合った、本当に受けたいと思えるような看護をいつも変らぬレベルで実践することです。“質の高い看護”を実践するには、それを身に付けることが必要です。看護に求められる役割も大きく、一人ひとりの看護師が着実に育ち、その力を発揮できる環境も整っています。自分自身が誇りを持って、日々活き活きと看護が提供できることを目指しています。一歩一歩着実に成長を実感しながら、“質の高い看護”を共に実践していきましょう。

先輩からのメッセージ

【長野市民病院】(長野県)の先輩からのメッセージ

先輩
ナース

看護師一年目を振り返って

入職当初は不安と緊張でいっぱいでしたが、プリセプターや先輩方から気さくに声をかけて頂き楽しく働くことができています。
日々の業務の中では初めての経験ばかりで戸惑うことも多くありましたが、先輩方から指導して頂き少しずつできることも増えてきました。技術面だけでなく患者様との関わり方など多くのアドバイスをしてもらい、看護師としてまた社会人1年目として成長することができていると感じます。
まだまだ知識も少なく不慣れなことも多い中、患者様から感謝の言葉を頂くこともあり看護師という仕事にとてもやりがいを感じます。
患者様によりよい看護を提供できるよう日々学びを深めていきたいと思います。

ナース専科からひとこと

とっても心に残ったのは看護部の基本理念である「看護で選ばれる病院を目指して」です。患者さまから「看護が良いからここの病院にかかりたい」と言われることは、看護師として最高のことではないでしょうか。患者さまからそう言われる為に、質の高い看護が継続して提供できるよう教育・研修制度も充実させています。がん治療を中心に、高度医療と救急医療の展開をしています。

【長野市民病院】(長野県)の資料を請求する 【長野市民病院】(長野県)に応募する

長野市民病院(長野県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院