静岡県立総合病院

【静岡県立総合病院】(静岡県)から看護学生へメッセージ

静岡県立病院機構には「県立総合病院」「こころの医療センター」「県立こども病院」の3病院があります。採用試験WEBページをご覧下さい。受験者には交通費が支給されます


募集職種
  • 看護師
病床数 712床
外来患者 1754名 入院患者 576名
看護体制 一般病棟7:1、結核10:1
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2020年4月入職者向け情報※各種タブを選択

 静岡県における中核的医療機関として3大生活習慣病の死亡率を減らすことをめざし、循環器病センターの充実・地域がん診療拠点病院としての機能と救急医療の充実に努めています。

そして、地域医療支援病院として地域医療の向上にも貢献しています。

静岡県立3病院は「質の高い医療の提供」「より効率的な病院運営」の両立を目指して、平成21年4月1日から「地方独立行政法人静岡県立病院機構」が運営する形態へ移行しました。

看護部長からのメッセージ

【静岡県立総合病院】(静岡県)の看護部長からのメッセージ

看護部長
弓岡 一惠

新人を全職員でサポートします

当院は、静岡県の中核病院として、高度医療や先進医療に取り組み、地域医療を支援しています。平成29年9月には、手術室22室、HCU20室、放射線治療室4室を含む先端医学棟がオープンしました。
また、医師の教育研修や看護学生等の実習を受入れ、医療を担う人材育成という役割も果たしています。

看護部では、患者さんに温かい心で寄り添うことを大切にし、質の高い看護の提供に努めています。

質の高い看護を提供し患者さんを支えるために、新人看護師に対する充実したサポート体制や急性期病院の看護師として必要なフィジカルアセスメント能力を強化する環境を整えています。

また、安全な看護を提供するためには、看護職自らが安全で健康に働くことができなくてはならないことから、働き続けられる職場環境の改善にも力を入れています。

医療を取り巻く環境は大きく変化し、医療と生活の視点を持つ看護職への期待は高まっています。病院から地域へ患者さんの生活をつなぐ、チーム医療のコーディネーターとして人と人をつなぐ、未来へ看護をつなぐ、看護職だからこそ果たせる役割です。

一人ひとりの看護職員がやりがいを持って日々の看護に取り組むことができるよう今後も支援を続けていきたいと考えています。

先輩からのメッセージ

修正中

修正中

【静岡県立総合病院】(静岡県)の資料を請求する 【静岡県立総合病院】(静岡県)に問い合わせする 【静岡県立総合病院】(静岡県)に応募する

静岡県立総合病院(静岡県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院