>   > 日本赤十字社長崎原爆病院

日本赤十字社長崎原爆病院

【日本赤十字社長崎原爆病院】(長崎県)から看護学生へメッセージ

日本赤十字社は190の国と地域、世界最大のネットワークを持つ赤十字・赤新月社の一つであり、グローバルに活動する人道支援機関です。国内外を問わず、紛争・災害・疾病などに苦しむ人々を救うため、国境を越えて支援を行っています。


募集職種
  • 看護師
病床数 297床
外来患者 510名 入院患者 280名
看護体制 7:1
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2020年4月入職者向け情報※各種タブを選択


看護部長からのメッセージ

【日本赤十字社長崎原爆病院】(長崎県)の看護部長からのメッセージ

看護部長
中村 清美

“あなたの未来にYELLを!” ‐ 私たちの病院で赤十字と共に歩んでみませんか -

元気な看護職員が一丸となって“心のこもった質の高い看護の提供”に努めています。教育体制は『キャリア開発ラダ―』を基盤とし、看護方式は2015年度から『PNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)』を導入しました。看護職員のスタッフ一人ひとりが持つ能力・個性を活かし、お互いが支えあい、高めあえるパートナーとの関係性を構築し、より質の高い看護の提供へ繋がるよう推進して行こうとしています。「看護」の仕事は決して楽な仕事ではありませんが、一生懸命に患者・ご家族に関わり、その看護にかける思いが患者・ご家族の皆様に通じた瞬間は何物にも代えがたい感動があります。「赤十字の使命」を心に、赤十字の看護師として一緒に歩んでくれるあなたを待っています

先輩からのメッセージ

【日本赤十字社長崎原爆病院】(長崎県)の先輩からのメッセージ

2年目看護師
Sさん、Oさん

看護師として、社会人として日々成長できていると感じています!

私たちは、長崎原爆病院2年目看護師です。1年目では覚える事、分からない事が多く、毎月行われる新人研修を通して看護の技術や知識を身に付け、日々勉強を重ねてきました。不安なこともたくさんありましたが、プリセプターナースや先輩方の丁寧なご指導と、患者さんの笑顔に支えられ、一人の看護師として成長することが出来ていると感じます。また、新人研修がある事で定期的に同期と会って話をする時間を持つことができ、お互いの悩みや不安などを共有して励ましあうとともに、同期間の絆を深める良い機会になったと思います。看護師としても社会人としてもまだまだ未熟ではありますが、今後も自己研鑽を重ね、心のこもった質の高い看護を提供できるように努力していきたいと思います。

【日本赤十字社長崎原爆病院】(長崎県)の資料を請求する 【日本赤十字社長崎原爆病院】(長崎県)に問い合わせする

日本赤十字社長崎原爆病院(長崎県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院