>   > 新潟市民病院

新潟市民病院

【新潟市民病院】(新潟県)から看護学生へメッセージ

笑顔・やさしさ・ぬくもり
そしてふれあいを大切に、いのちと健康を支援する看護


募集職種
  • 看護師
病床数 676床
外来患者 1114名 入院患者 607名
看護体制 7:1
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2020年4月入職者向け情報※各種タブを選択

新潟市民病院は鐘木に新築移転して8年、病院創立から43年目に入りました。救命救急・循環器病・脳卒中センターを有する当院は新潟医療圏において、重症、急性期医療を担っております。昨年の救急車搬入は6,000台でした。敷地内に救急ステーションを併設しており、ドクターカーの出動が年1,600回を数えます。総合周産期母子医療センターでは24時間の周産期救急の対応はもちろん、母乳育児を推進し県内2番目の、国際基準である「赤ちゃんにやさしい病院」に認定していただきました。県内に赤ちゃんにやさしい育児支援の輪を広げていきます。


看護部長からのメッセージ

【新潟市民病院】(新潟県)の看護部長からのメッセージ

看護部長
肥田野幸子

みなさまのことをお待ちしております。

看護部の教育理念は、質の高い看護サービスを提供できる人間性豊かで自律した看護職員の育成です。目の前の患者さんにとって「最善は何か」を考え行動できる看護職を求めます。専門職として役割を果たすための知識や技術、アセスメント能力を身に付けていけるように、教育・研修に力を入れています。

 チーム医療を推進するため、患者さんやご家族はもちろん、周囲と良好なコミュニケーションを図りながら、看護ケアを探究できる私たちでありたいと願っています。そのために自分ができることは何かを考え、発信し、改善につなげることで、やりがいとともに互いに成長できる組織づくりをめざします。

 安全で安心な質の高い医療を推進することは患者さんだけでなく、この病院で働く私たちの願いでもあります。常にケアの根拠を問い、一歩踏み込んだ看護を展開し、時代や環境の変化を察知しながら、看護の水準を維持してまいります。

【新潟市民病院】(新潟県)の資料を請求する 【新潟市民病院】(新潟県)に応募する

新潟市民病院(新潟県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院