>   > 福島赤十字病院

福島赤十字病院

【福島赤十字病院】(福島県)から看護学生へメッセージ

私たちは技術と笑顔で患者さんに寄り添います。


募集職種
  • 看護師
病床数 348床
外来患者 - 入院患者 -
看護体制 7:1
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2020年4月入職者向け情報※各種タブを選択

当院は昭和18年に日本赤十字社福島支部福島療院として開設されて以来72年の歴史を有しており、公的医療機関として救急医療、地域医療、災害医療に力を注いでまいりました。救急医療に関しては、救急車搬送件数は数年来県北医療圏で最上位であり、平成26年度には年間3,000件を越える救急車を受け入れました。断らない救急医療を今後とも実践してまいります。平成23年には地域医療支援病院に認定され、地域医療機関と深い連携を築いております。創立75周年を迎える平成31年1月開院を目標に病院の移転新築プロジェクトを進めており、地域住民が信頼して受診できる新病院の建設を目指します。新病院には循環器センター、脳卒中センター、救急センター、健診センターを設置し、総病床数はHCU12床、救急病床12床を含む288床となる予定です。 新病院のコンセプトとして、「わたしたちは、いのちと健康、尊厳を守るため、より良い医療を目指します。」という理念と「福島の未来に安心と希望を」というキャッチフレーズを掲げます。今後の道のりは平坦ではありませんが、人が集まる病院、すなわち職員が高いモチベーションをもって生き生きと働ける病院、患者さまが信頼して集まる病院を目指してまいります。

看護部長からのメッセージ

【福島赤十字病院】(福島県)の看護部長からのメッセージ

福島赤十字病院 看護部長
會澤 英子

共に学び、共に成長し、共に働けることが私たちの喜び

 福島赤十字病院は、福島県県北地域の中核病院として救急医療をはじめ、地域医療機関との連携のもと地域医療を担い、また日本赤十字社の使命である災害救護活動や災害拠点病院としての機能が期待されています。そのため、全職員が専門職としての意識を高く持ち、実践のための訓練、研修等を行っています。
 私たちは、「高い倫理観を持ち、安全で質の高い、こころ温まる看護の提供に努めます」を理念に掲げ、患者さん、ご家族が「ここで看てもらってよかった」と感じていただける看護サービスを提供することを目指します。
 一人前の看護師となるために、ぜひ私たちと共に歩んでいきましょう。

【福島赤十字病院】(福島県)の資料を請求する 【福島赤十字病院】(福島県)に問い合わせする 【福島赤十字病院】(福島県)に応募する

福島赤十字病院(福島県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院