>   > 独立行政法人 地域医療機能推進機構(JCHO) 埼玉メディカルセンター

独立行政法人 地域医療機能推進機構(JCHO) 埼玉メディカルセンター

【独立行政法人 地域医療機能推進機構(JCHO) 埼玉メディカルセンター】(埼玉県)から看護学生へメッセージ

「病気の予防・医療・介護サービスを提供し、地域の皆様に親しまれ、信頼される病院を目指して」
急性期病床に加え、ハイケア施設、地域包括ケア病床、老健施設を併設、高齢化社会を見据え、地域包括ケアシステムの要を担っている病院です。


募集職種
  • 看護師
  • 保健師
病床数 395床
外来患者 1100名 入院患者 -
看護体制 急性期病床 7:1
地域包括ケア病床 10:1
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2019年4月入職者向け情報※各種タブを選択

当院は、昭和23年の設立以来、埼玉社会保険病院として地域の皆様にご利用いただいてまいりましたが、平成26年4月より独立行政法人地域医療機能推進機構(Japan Community Health Care Organization;JCHO)埼玉メディカルセンターとして再出発いたしました。

旧社会保険病院、旧厚生年金病院、旧船員保険病院からなる57の病院が、今後の高齢化社会を見据えた新機構の使命である「地域医療、地域包括ケアの要」を中心に公設公営の病院群として我が国の医療を支えていくことになります。

当院の基本理念は、病気の予防・医療・介護サービスを提供し、地域の皆様に親しまれ、信頼される病院を目指すということです。
19科からなる急性期医療を中心に、健康管理センターでの健診による病気の早期発見、ならびに介護老人保健施設での在宅復帰を目指した介護と、予防医学、治療、介護を一貫して行ってまいります。

当院の目指すところは、

1.      良質で安全な医療を提供。

2.      病院と地域住民、地域の医療機関との連携による地域包括ケアの推進。

3.      個人の人格、価値観を尊重した医療の提供。

4.      詳しい医療情報の提供と説明による安心の医療の提供

5.      自己決定権を尊重した医療の提供。

です。
 

当院は、JR京浜東北線の北浦和駅から徒歩3分と大変交通の便が良い場所にあります。
平成26年12月には新病棟が完成し、最新の医療機器、最新の建物で、アメニティーが充実しました。

看護部長からのメッセージ

【独立行政法人 地域医療機能推進機構(JCHO) 埼玉メディカルセンター】(埼玉県)の看護部長からのメッセージ

看護部長
井出 志賀子

私達は、病院の理念に基づき、地域の皆様に「安心と満足」をして頂ける、心の通った看護を提供します。

当院は70年という歴史の中で、常に相手の立場を尊重し、相手の目線で考えることを大切にしてきました。「人の和を大切に 明るく・笑顔で・親切に」をモットーに、埼玉県で一番やさしい病院を目指しています。

その実現に向けて、確かな知識と技術を身につけ、感性を磨き、人として成長していける「自律した看護師」を育てたいと考えております。知識や技術習得の励む1年目、個別性のある看護を実践する2年目、新人の相談役を担う3年目。このように明確な目標設定をし、経験を積み重ねることによって、3年間で1人前の看護師になれると考えます。

看護師としての第一歩を、私たちと共に、ここから踏み出してみませんか?

【独立行政法人 地域医療機能推進機構(JCHO) 埼玉メディカルセンター】(埼玉県)の資料を請求する 【独立行政法人 地域医療機能推進機構(JCHO) 埼玉メディカルセンター】(埼玉県)に問い合わせする 【独立行政法人 地域医療機能推進機構(JCHO) 埼玉メディカルセンター】(埼玉県)に応募する

独立行政法人 地域医療機能推進機構(JCHO) 埼玉メディカルセンター(埼玉県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院