>   > 東邦大学医療センター佐倉病院

東邦大学医療センター佐倉病院

【東邦大学医療センター佐倉病院】(千葉県)から看護学生へメッセージ

佐倉病院看護部では、『生命尊重と人間愛を基本とし、やすらぎと心のかようあたたかい看護を提供する』ことを理念としています。
≪コアバリュー≫
1.質の高い専門的知識・技術に基づいた安全な看護を提供します。
2.専門職業人として自己研鑽に努めます。
3.活き活きと働き、患者と共に自らも満足できる質の高い看護を提供します。
4.看護活動を通じて、地域医療に貢献します。


募集職種
  • 看護師
病床数 451床
外来患者 1036名 入院患者 364名
看護体制 一般病棟7対1入院基本料 平均在院日数11.4日 正看比率99.8%
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2019年4月入職者向け情報※各種タブを選択

 東邦大学の第3の病院として、佐倉市民および佐倉市の誘致を受け、24時間地域医療に貢献すべく、平成3年9月に開院しました。 当院は建学の精神である「自然に対する畏敬、生命の尊厳、人間の謙虚な心」を大切にし、地域の基幹病院としての役割を果たしてゆきたいと思っています。また、医学部・薬学部・看護学校の学生実習を受けており、若いエネルギーに溢れる病院です。佐倉市は近代医療の発祥の地として、西の長崎に対比された由緒ある地です。自然と歴史ある環境の中で、共に学び、共に考え、共に成長し、「あなたの看護」を実現してみませんか。

看護部長からのメッセージ

【東邦大学医療センター佐倉病院】(千葉県)の看護部長からのメッセージ

副院長・看護部長
高橋 初枝

心によりそう、あたたかい看護を提供します。

佐倉病院は、地域の中核病院として、高度で安全な医療を提供しています。超高齢少子社会を迎え、看護師に期待される役割はますます拡大し、さまざまな分野で必要とされていくと考えています。専門的な知識・技術を基盤としながら、一番大切にしたいのは、患者さん・ご家族の感情に共感し、患者さん・ご家族の心によりそったあたたかい看護の提供です。明るく元気な雰囲気の中、生き生きと働く当院の看護師と一緒に理想の看護を目指してチャレンジしましょう。

先輩からのメッセージ

【東邦大学医療センター佐倉病院】(千葉県)の先輩からのメッセージ

看護師
木村

手術室看護師3年目を迎えて

 私は現在、手術室看護師として働いています。手術室看護師として、術前訪問から手術中、そして手術後に至るまで患者さんによりそい、声かけやタッチングをすることで不安の軽減を図っています。また、手術中はバイタルサインを観察し異常の早期発見に努めたり、診療科の医師とコミュニケーションを取りながら、手術の流れに沿って必要な器械を渡したり、手術が円滑に進むようにしています。
 手術室看護師3年目となり、様々な診療科の手術に入ることができるようになってきました。患者さんによりそうことができる時間が増え、患者さんから「ありがとう」と言ってもらえると、とても嬉しい気持ちになります。手術室看護師は患者さんと関わる時間が限られているため、患者さんが発する言葉一つ一つを大切にしています。また、少しずつ視野が広がり、前もって手術の流れを予測し、必要な物品・器械を準備できたり、医師から言われる前に器械を渡すことができるようになり、やりがいを感じています。
 これからも色々な経験を通して、成長していきたいと思います。

【東邦大学医療センター佐倉病院】(千葉県)の資料を請求する 【東邦大学医療センター佐倉病院】(千葉県)に問い合わせする

東邦大学医療センター佐倉病院(千葉県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院