東京慈恵会医科大学附属第三病院

【東京慈恵会医科大学附属第三病院】(東京都)から看護学生へメッセージ

患者さんの心に寄り添い
「持てる力」を最大に引き出す
 それが「慈恵の看護」


募集職種
  • 看護師
  • 助産師
病床数 581床
外来患者 1312名 入院患者 460名
看護体制 一般病棟:入院基本料7対1
結核病棟:入院基本料10対1
精神病棟:入院基本料15対1
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2019年4月入職者向け情報※各種タブを選択

 東京慈恵会医科大学は1881年、人道主義に基づく英国医学を学んだ創設者・高木兼寛が成医会教習所を開設して英国医学を教授したのが始まりです。  建学の精神『病気を診ずして病人を診よ』には、患者さんを全人的にとらえ、相手の立場に立った医療・看護を実践しようという思いが込められています。そして、その精神は今も変わることなく、スタッフ一人ひとりの心に受け継がれています。  高木兼寛は、留学先の英国セントトーマス病院で、医師と看護師が協力して患者さんの治療にあたっていることに感銘を受け、"医師と看護師は車の両輪"のように協力することの重要性を説いています。同時にナイチンゲールの看護を目の当たりにし、大きな感銘を受け、帰国後看護師教育所を開設しました。ここに、日本で最初の、そして慈恵における看護教育が始まりました。 以来、1世紀にわたり、相手の立場に立った全人的な医療・看護を提供し続けています。 第三病院は、緑豊かな東京狛江・調布地区の基幹病院として、地域に密着した医療と共に大学病院としての先進医療を提供しています。ハイテクナビゲーション手術室を備えた新手術棟、リハビリテーション病棟、結核病棟、森田療法センターを有し、高度医療から専門医療まで患者さんのニーズに対応した医療を提供しています。また、小児初期救急体制の整備、各種健診による予防医学分野の強化など、地域医療の更なる貢献を目指し取り組んでいます。私たちは、これからも建学の精神に基づき、大学病院としての機能を十分に活かして、質の高い看護を実践していきます。就職説明会、インターンシップの詳細・お申込みにつきましては、本学のホームページをご覧ください。 お問合わせ先:ナース就職支援室 フリーダイヤル(0120-51-4199)

看護部長からのメッセージ

【東京慈恵会医科大学附属第三病院】(東京都)の看護部長からのメッセージ

看護部長
五味 美春

人と人との関わりを大切に・・・。

第三病院は自然に囲まれた緑豊かな環境にあります。
患者さんには高齢者が多く「高齢者に優しい病院」をモットーに、大学附属病院としての先進医療を提供する、地域に密着した患者さんに選ばれる病院を目指しています。
看護部でも高齢者看護の実践力の強化を目標にし、看護部全体で教育研修やトピックスなどを企画し強化に取り組んでいます。そのような中で最も大切な事は、患者さんを含めた医療チームの人と人との関わりです。「相手の気持ちを察する」ということは看護する第一歩であり、また職業人としても必須な能力と考えています。

先輩からのメッセージ

【東京慈恵会医科大学附属第三病院】(東京都)の先輩からのメッセージ

看護師(森田療法センター(精神科)勤務)
本橋里紗

平成27年度就職、3年目です!

精神科に入職して半年が経ちました。精神科の患者さんは日によって表情や状態が変化します。はじめは、そんな患者さんとかかわることを難しく思い戸惑いました。しかし、患者さんの生きてきた過程を辿り、患者さんの本当の思いは何なのか、それを考えなければ患者さんを丸ごと理解できないということを日々学んでいます。言葉として表せない患者さんでも、きっと何かを表現しているのだと思います。病気だけに焦点を当てず、患者さんに関心を寄せて「人と向き合って、話をして、理解する」看護の基本姿勢・コミュニケーション技術の面で貴重な経験ができると感じています。

【東京慈恵会医科大学附属第三病院】(東京都)の資料を請求する 【東京慈恵会医科大学附属第三病院】(東京都)に問い合わせする 【東京慈恵会医科大学附属第三病院】(東京都)に応募する

東京慈恵会医科大学附属第三病院(東京都)の看護学生採用情報TOPに戻る