横須賀市立うわまち病院

【横須賀市立うわまち病院】(神奈川県)から看護学生へメッセージ

地域に密着した医療を実践しています


募集職種
  • 看護師
  • 助産師
病床数 417床
外来患者 501名 入院患者 290名
看護体制 一般病棟7:1
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2019年4月入職者向け情報※各種タブを選択

新人研修

【横須賀市立うわまち病院】(神奈川県)の新人研修
ピカピカの1年生から活き粋な看護師へ!

全国の学校から集まった仲間たちと社会人・看護師としてのスタートを切るために、支え合う仲間作り、心構え、クリティカルな知識・技術の学習などを中心に集合教育をします。各部署では独り立ちや夜勤スタートの時期の相談、ベッドサイドに出る前の初めての技術練習など、プリセプターを学びながら新人と1年間を共にします。それぞれのスタッフが専門職としての誇りを持ち輝き続けられるよう、その後も各自のキャリアプランの実現をサポート。時間や費用なども含め、認定看護師への夢も応援します。職種を超えた研修会やTQM活動も充実しています。

教育研修制度

【横須賀市立うわまち病院】(神奈川県)の教育・研修制度
☆Sim.Hosp.Uwasmachi(シミュレーションセンター)☆ その1

当院では、医師・研修医・看護師・医療技術職員の教育機関として、シミュレーションセンター「Sim.Hosp.Uwamachi」(シムホスプ・うわまち)の運営を2011年6月より行っております。シミュレーションセンターはシミュレータ・モデルなどを用いて、ケースシミュレーションや手技などの実習訓練を行う教育機関です。大学病院で導入が進んでおりますが、一般病院での導入は全国でも先進的な取り組みです。
【写真】「シムベビー」(高機能シミュレーター)を用いて 

教育研修制度

【横須賀市立うわまち病院】(神奈川県)の教育・研修制度2
☆Sim.Hosp.Uwasmachi(シミュレーションセンター)☆ その2

最新のシミュレータ・シミュレーションモデルを用いて、各科のベテラン指導医が研修医や看護師に指導し、ケースシミュレーションや、ガイドラインを用いた訓練、処置のトレーニングなど、新人教育にも活用しています。
【写真】「SimMan3G」を用いて

職員一丸となって取り組みます

【横須賀市立うわまち病院】(神奈川県)の教育・研修制度3
全体集会

月に一度、全体集会で全職種の職員が会し、職員間の意思疎通と結束強化をはかっています。

【横須賀市立うわまち病院】(神奈川県)の資料を請求する 【横須賀市立うわまち病院】(神奈川県)に問い合わせする 【横須賀市立うわまち病院】(神奈川県)に応募する

横須賀市立うわまち病院(神奈川県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院