>   > 医療法人鉄蕉会 亀田メディカルセンター(亀田総合病院・亀田クリニック・亀田リハビリテーション病院)

医療法人鉄蕉会 亀田メディカルセンター(亀田総合病院・亀田クリニック・亀田リハビリテーション病院)

【医療法人鉄蕉会 亀田メディカルセンター(亀田総合病院・亀田クリニック・亀田リハビリテーション病院)】(千葉県)から看護学生へメッセージ

Always Say YES!
一人でも多くの患者さまに笑顔でお帰りいただけるように。

★日帰りインターンシップ★
一日で院内見学も職場体験も!
Kamedaを体感できちゃう人気イベントです

9/22(土)・10/20(土)・11/17(土)

※交通費補助(当院規定)有
※東京駅・羽田空港は迎えのバスがあるので移動も簡単


募集職種
  • 看護師
  • 保健師
  • 助産師
病床数 992床
外来患者 3000名 入院患者 800名
看護体制 3交替制、一部2交代制
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2019年4月入職者向け情報※各種タブを選択

『亀田メディカルセンター』は、亀田総合病院を中心とした、亀田クリニック・亀田リハビリテーション病院などの医療サービス施設の総称です。
千葉県南部に位置し、基幹病院としての役割を担う当センターには、診療科目34科を有し、1日の平均外来患者数3,000名と近年では国内の様々地域また海外からも患者さまが来院されます。

亀田メディカルセンターは外来診療から急性期の治療(入院)そして、急性期の治療を終えた回復期のリハビリまで、患者さまお一人お一人に合った質の高い医療を提供することにより患者さまのQOL(Quality of Life :生活の質)の向上を目指しています。

【◆◆◆新棟OPEN!!◆◆◆】
2012年夏、患者さまと医療スタッフ双方にとって優しい病棟作りを目指した新棟がオープン

【◆◆◆亀田医療大学OPEN!!◆◆◆】
これまでにない、亀田だからできるユニークな大学
2012年4月開学

・外来診療 亀田クリニック(病床数19床)
・救急・急性期医療・総合周産期 亀田総合病院(病床数925床)
・亜急性期医療 亀田リハビリテーション病院(病床数56床)
・健康管理 検診センター(鴨川・幕張)
・亀田総合病院附属 幕張クリニック
・亀田ファミリークリニック館山
・亀田京橋クリニック


【認定施設】
・千葉県救命救急センター
・厚生労働省指定臨床研修指定病院
・厚生労働省指定(外国人医師)臨床修練指定病院
・災害拠点病院
・HIV拠点病院
・厚生労働省歯科医師臨床研修指定病院
・開放型病院 30 床
・難病医療協力病院
・肝疾患専門医療機関指定
・ISO9001認証取得 ver.2008
・地域難病支援事業 (地域中核病院)
・小児救急医療拠点病院補助金対象施設
・地域リハビリテーション支援病院
・医療機能評価機構:一般病院認定(継続更新)
・地域医療支援病院名称承認
・千葉県総合周産期母子医療センター
・地域がん診療連携拠点病院
(地域がん診療拠点病院:平成15年12月認定)
・JCI(Joint Commission International)認証取得
・基幹災害医療センター指定
(地域災害医療センターより指定変更)


 

★大好評 日帰りインターンシップ開催中★
見学では13階にある霊安室から総合周産期母子医療センター、
救命救急センターまでたっぷりと当院をご紹介。
職場体験で病棟の雰囲気もわかります!
お気軽にご参加ください♪

看護部長からのメッセージ

【医療法人鉄蕉会 亀田メディカルセンター(亀田総合病院・亀田クリニック・亀田リハビリテーション病院)】(千葉県)の看護部長からのメッセージ

亀田総合病院 看護部長
丸山 祝子

チーム医療のキーパーソンとして一緒に成長していこう

看護師が医師と他の専門職との潤滑油的な機能をし、質の
高い医療を提供するためには、確かな専門的知識に裏付け
られた優れた実践能力と、協働しあうためのコミュニケーション
能力が必要です。これは、段階的な教育と経験によって身に
付いていくものです。一人ひとりが主体的に自己成長を目指し
一歩ずつ前に進んでいけるよう私たちが全力でサポートします。

先輩からのメッセージ

【医療法人鉄蕉会 亀田メディカルセンター(亀田総合病院・亀田クリニック・亀田リハビリテーション病院)】(千葉県)の先輩からのメッセージ

東京医療保健大学 2014年卒業 (ER勤務)
井上 雄太

★救急外来勤務★入職2年目の先輩ナースにインタビュー

【亀田に就職を決めた理由】
三次対応の救急病院で就職先を検討しており、亀田という名前は知っていましたが、病院について具体的な事はまだ何も知らない中、「日本でいちばん大切にしたい会社」という本で偶然紹介されているのを読み、“実際に見てみたい”と強く思ったのです。実際に行ってみると、イメージ以上に雰囲気や環境がとても魅力的で、“ここで働きたい!”と即決し就職を決めました。

【実際に働いてみて】
憧れの救命救急センターに配属してもらい喜んだのも束の間、実際は想像以上に日々忙しく、責任を大きく伴う仕事だと改めて痛感しています。救急外来は学生時代の実習とは異なる部分がたくさんあります。病棟と違い、どのような病気が隠れているか分からない患者さまに対し、症状から様々な可能性を考えて関わるため、幅広い知識が必要とされます。まだ未熟ですが、先輩方の指導を受けながら一人一人の患者さまとの関わりを通して学び、個別性に合わせた看護を行えるようにこれからも頑張っていきたいです。

【将来のこと】
私が働いている職場では、救急認定看護師の資格を持っている先輩が数名おり、専門・認定看護師に興味があります。救急や、集中治療室などで働く中で、自分自身がより深く学びたい分野を見つけていきたいと思います。

ナース専科からひとこと

★亀田総合病院 新A棟 2012年7月竣工★ 誰もが安心して気兼ねなく入院生活を送ることができ、しかも、医療スタッフにも働きやすく、患者さまが安心して療養できる多床室をメインとした新病棟を目指しています。

【医療法人鉄蕉会 亀田メディカルセンター(亀田総合病院・亀田クリニック・亀田リハビリテーション病院)】(千葉県)の資料を請求する 【医療法人鉄蕉会 亀田メディカルセンター(亀田総合病院・亀田クリニック・亀田リハビリテーション病院)】(千葉県)に応募する

医療法人鉄蕉会 亀田メディカルセンター(亀田総合病院・亀田クリニック・亀田リハビリテーション病院)(千葉県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院