IMS(イムス)グループ 新松戸中央総合病院

頼れる同期 × 信頼できる先輩 = 『絆』

1.頼れる同期
・当院新人研修『ルーキーズ』
・IMSグループ教育『アイナースプログラム』
 →自施設・他施設の同期と交流を深められます。

2.信頼できる先輩
・プリセプター制度による、個別指導
・管理職との定期的な個別面談
 →相談しやすく、風通しの良い職場環境です。

=互いが助け合い、強いチーム力『絆』となります。


募集職種
  • 看護師
病床数 333床
外来患者 900名 入院患者 290名
看護体制 一般病棟 7対1入院基本料 平均在院日数16日以内
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2019年4月入職者向け情報※各種タブを選択

新松戸中央総合病院は、地域密着型の急性期病院です。全職員が高度な医療技術とともに、患者さんやそのご家族にホスピタリティを感じていただけるよう、あたたかく、優しい心を大切にした医療サービスの提供に努めています。

病床数は333床。平成24年に新棟がオープン、平成27年に消化器センター、平成28年に心臓血管センターを開設し、まだまだ成長を続けています。

当院の看護体制は、固定チームナーシング。一人の看護師が患者さんの入院から退院まで責任をもち、チームで看護を行います。教育体制は、新人オリエンテーションから、院内集合研修、院外での研修参加など各自の習熟度に応じた教育システムです。

看護部長からのメッセージ

人間力を鍛えます!

看護師にとって大切なのは、知識・技術だけではありません。人間の生まれる瞬間から看取りまで、あるいはその前後のケア…と、人々の貴重で大切な時間にこれだけ関わる職業は他にないでしょう。また少子高齢社会に応じて「いのち」「くらし」両方の視点でのケア・サービスが必要とされ、私たち看護職は果たす責任も大きいと考えます。ですので、日々の研鑽はもちろん、出逢いややひと時を大事にして人への関心を抱き続けること、そして相手とともに自分をも好きであり続けることが必要です。看護師としての実力アップには、豊かな人間性が不可欠なのです。
当院では厚労省のガイドラインに沿った教育プログラムに「ルーキーズ」を加えて展開しております。看護界そして職場にとっての宝物“ルーキー”たちが仲間や先輩と元気に取り組む教育です。到達目標や振り返りとともに創作活動やディスカッションを通して、泣いたり・笑ったり・競ったり・癒されたり…看護師として人として成長していくために大事なことを学んでいく場所です。私たちと一緒に人間力を鍛え、看護力を磨いてまいりましょう。

先輩からのメッセージ

【IMS(イムス)グループ 新松戸中央総合病院】(千葉県)の先輩からのメッセージ

ほっとクラブルーキーズ
新人職員

色々な研修があって、それぞれが為になる!

ローテーション研修では、部署の雰囲気や特徴・業務内容を、自分で見て・体験して・知る事ができました。配属先を迷っていた私には、とても助かりました!
また、ほっとライン面談という年2回、外部のカウンセラーの方が来て面談をしてくれる機会があります。業務の空間から抜け、悩みを打ち明けたり、先輩方とは違った視点でアドバイスをもらえるので、新しい自分の道に出会う事が出来ました。
新人の時は、学習の研修も大切ですが、その時期・場面にあった研修も色々あるのでとても為になりました。

ナース専科からひとこと

職員同士仲良くなるイベントを多数開催している同院。チーム医療を実践する上でコミュニケーションが大事だとの考えから行っているそうです。特に『ほっとクラブルーキーズ』というレクレーション中心参加型の新人研修は、チームワークや絆が深まる同院ならではの研修。月2回こんな研修があったら勤務に行くのも楽しみになりますね!お休みも月に9日~10日取得ができるので、プライベートとの両立ができる環境です。

【IMS(イムス)グループ 新松戸中央総合病院】(千葉県)の資料を請求する 【IMS(イムス)グループ 新松戸中央総合病院】(千葉県)に応募する

IMS(イムス)グループ 新松戸中央総合病院(千葉県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院