> 公益財団法人 東京都保健医療公社

公益財団法人 東京都保健医療公社

公益財団法人 東京都保健医療公社の写真

東京都保健医療公社は、東京都と東京都医師会が共同出資し、昭和63年6月1日に設置した財団法人です。

東京都保健医療公社は、東京都と東京都医師会が共同出資し、昭和63年6月1日に設置した財団法人です。
公社は、地域の診療所や病院と協力し合い、住民の方々の生命と健康を守るという地域の拠点病院の設置・運営を目指しています。
住民の方々は、病気になった時、身近なところにある診療所や病院で診察を受けます。そこでさらに医療が必要と判断された場合、公社病院が紹介されます。公社病院での治療により病状が改善されますと、紹介元の診療所や病院にお戻りいただきます。このような地域医療連携を実現することも、公社病院に課せられた重要な使命の一つです。この趣旨に賛同していただいた東京都医師会には設立時から、また東京都歯科医師会には、平成18年度から共同出資者になっていただきました。

公社病院は、東部地域病院、多摩南部地域病院、大久保病院、多摩北部医療センター、荏原病院、豊島病院の6病院となっています。それぞれの病院が、前述の地域医療連携を柱として、生活習慣病、循環器、がん、脳血管疾患、救急等の重点医療を設定して積極的に取り組んでいるところです。
さらにがん検診事業を行う東京都がん検診センターも運営しており、一次検診、精密検診共に全国でもトップレベルの高いがん発見率を誇っています。


☆病院見学会、試験など採用については…☆
東京都保健医療公社事務局 総務課採用研修係まで
フリーダイアル 0120-401-170

2021採用情報

2020採用情報