> 公益財団法人 筑波メディカルセンター

公益財団法人 筑波メディカルセンター

公益財団法人 筑波メディカルセンターの写真

「チーム医療を実感できる喜び、看護に専念できる仕組み、キャリアを築く教育システム」、これを実践できているのが筑波メディカルセンター病院の凄さです

■病院プロフィール 
筑波メディカルセンター病院は、県南・県西地区の救急医療を担う救命救急センターとして1985年に開院しました。現在は、救命救急センター、地域がんセンター並びに災害拠点病院の役割を担い、地域に密着した「地域医療支援病院」として信頼される医療の提供を行っています。ここで働くスタッフは
病院理念を理解し、且つ行動指針として実践しています。急性期から慢性期までの対応と、更に活用される在宅事業の整備、充実を図りながら、常にニーズにあった医療の提供に取り組んでいます。

■人への想いを大事にします
人を大切にする思いは患者さんのみならず職員、スタッフへも同様です。特に看護師の勤務し易さに
対しては、交代勤務の選択性や、短時間勤制、更に24時間保育施設と病児保育システムを備え、安心して働ける環境づくりを優先に考え実行しています。

2020採用情報