2018年就職:TOP > 東邦大学医療センター(大作さん) | 先輩看護師からのメッセージ 2018年度

THE LEADING NURSE

東京都千葉県東邦大学医療センター

■東邦大学医療センター大森病院
東京都大田区大森西6-11-1
03-5763-6502(看護管理室直通)
■東邦大学医療センター大橋病院
東京都目黒区大橋2-17-6
03-5453-5158(看護管理室直通)
■東邦大学医療センター佐倉病院
千葉県佐倉市下志津564-1
0120-700-364(看護管理室直通)
SPECIAL TOPIC 4 このページにも掲載中!「ナースの時間活用法」を読む
大橋病院 整形外科・泌尿器科・皮膚科病棟(2016年入職)
大作さん(右)
東京都出身 東京医療保健大学卒業

この病院のナースを見る

鶴岡さん

堀内さん

大作さん

生まれ育った街の急性期病院で、
早期からの退院支援を行い
地域の人々の生活を支えたい

困っていることを伝えられない私が、
先輩のフォローで相談できるように

 当院の近所で生まれ育ち、家族が入院してお世話になったことがあります。看護師が優しいと評判の病院でした。そのため、看護師として働くなら当院でと決めていました。
 インターンシップに参加したときに感じたのは、スタッフ同士や患者さんとのコミュニケーションが非常に活発なことです。また、教育が充実していること、キャリアアップを図る上でもいろいろな選択肢があることに惹かれました。
 実際に1年間働いて感じることは、やはりどの部署でもコミュニケーションが活発で、とても話しやすい雰囲気であることです。自分の性格上、わからないことや困っていることを、自分からなかなか伝えられないのですが、わからないこともそのままにしていると業務が滞り、患者さんに迷惑をかけてしまいます。そんな私に対し、病棟の先輩たちは「わからないことはない?」とさりげなく聞いてくれるので、何でも聞けて、相談ができるようになりました。新人が何でも聞ける雰囲気も、この病棟の良さだと思います。
 整形外科病棟を選んだのは、患者さんの早く治したいという気持ちを支えていくことに、看護師としてのやりがいを感じたからです。地元であるこの地域のことはよく知っているので、早期からの退院支援にも、経験や知識が生かせるのではないかと思います。
 病院と地域をつなぎ、地域の患者さんの生活を支えられるように、これからも当院でさまざまな看護の経験を積み、学びを深めていきたいです。

プリセプターと電子カルテを見ながら、退院支援について相談する。プリセプターも常に「困っていることはない?」と大作さんに声をかけ、見守っている。

Photo Gallery フォトギャラリー

この病院のナースを見る

鶴岡さん

堀内さん

大作さん

SPECIAL TOPIC 4

このページにも掲載中!

特集【ナースの時間活用法】を読む