2018年就職:TOP > 東邦大学医療センター(堀内さん) | 先輩看護師からのメッセージ 2018年度

THE LEADING NURSE

東京都千葉県東邦大学医療センター

■東邦大学医療センター大森病院
東京都大田区大森西6-11-1
03-5763-6502(看護管理室直通)
■東邦大学医療センター大橋病院
東京都目黒区大橋2-17-6
03-5453-5158(看護管理室直通)
■東邦大学医療センター佐倉病院
千葉県佐倉市下志津564-1
0120-700-364(看護管理室直通)
SPECIAL TOPIC 4 このページにも掲載中!「ナースの時間活用法」を読む
大森病院 呼吸器外科・内科病棟(2016年入職)
堀内さん
東京都出身 聖路加国際大学卒業

この病院のナースを見る

鶴岡さん

堀内さん

大作さん

「大丈夫」と私を信じて支えてくれる
病棟の先輩たちと患者さんのために、
もっと成長したい

当院の「スペシャル見学会」が、
一番、働くイメージがつかめた

 入職先を決めるにあたり、当院の「スペシャル見学会」に参加しました。15人ぐらいの少人数で希望の病棟を回り、看護部長や院長とも直接話をすることができました。実際に働いている先輩看護師からも細かい話が聞けて、看護師として働くイメージがつかめました。また、どのスタッフも優しく声をかけてくれ、大きな病院なのにアットホームで温かい雰囲気を感じ、入職を決めました。
 この1年を振り返って思うのは、看護ほど自分が見える仕事はないということです。笑顔で患者さんに「大丈夫ですよ」と言いたいのに、新人の私はできないことばかりです。焦って自分にイライラしていると、そのイライラが患者さんに伝わってしまいます。特に8月に独り立ちしてからは、わからないこと、できないことが見えてきて、看護師に向いていないのではと悩んでいた時期がありました。そんなとき、先輩が「大丈夫?」と声をかけてくれたことで、それまで溜め込んでいた思いが一気に噴き出し、泣き出してしまいました。先輩は自分の休憩時間を削り、話をじっくり聞いてくれた上、上司に私の仕事量の軽減ができないか、相談してくれたのです。
 それ以来、病棟の先輩や医師までが気にかけて「大丈夫、できているよ」と声をかけてくれます。こんな素敵な人たちと一緒に働けることがとても幸せです。
 これからも私のことを待っていてくださる患者さんのため、支えてくれる周囲のスタッフのためにも、頑張って成長していきたいと思います。

処置室で酸素吸入の準備をする。今では手順通りに一人でスムーズに準備できるようになった。

Photo Gallery フォトギャラリー

この病院のナースを見る

鶴岡さん

堀内さん

大作さん

SPECIAL TOPIC 4

このページにも掲載中!

特集【ナースの時間活用法】を読む