2018年就職:TOP > 国立成育医療研究センター(大滝 杏奈さん) | 先輩看護師からのメッセージ 2018年度

THE LEADING NURSE

東京都国立成育医療研究センター

〒157-8535 東京都世田谷区大蔵2-10-1

03-3416-0181(内線5104)

SPECIAL TOPIC 5 このページにも掲載中!「専門・認定看護師の資格取得」を読む
NICU(2014年入職)
大滝 杏奈さん
東京都出身 杏林大学医学部付属看護専門学校卒業

この病院のナースを見る

大滝 杏奈さん

佐藤 佑香さん

母親が子どもの状況を
受容できるよう、
しっかり寄り添い精神面をサポート。
ご家族の気持ちに合った
介入方法を提案

ご家族の笑顔と子どもの成長が
大きな感動につながる

 配属されたNICUは、早産で生まれた子や低出生体重児、先天性疾患を持って生まれた子への集中的な看護を行っています。
 未熟児で生まれた子どもをプライマリーで受け持ったとき、在宅に移行するため在宅酸素や胃管交換などの技術を練習していましたが、母親は自宅で医療行為を行う不安を抱えていたため、母親のつらさや思いを共有し不安の軽減に努めました。
 先輩とともに訪問看護師やソーシャルワーカーとのカンファレンスを実施。資料作成や物品の具体的な説明、訪問看護の利用などの情報を提供し、さまざまな側面からサポートした結果、無事に退院することができました。先輩が家族との会話から必要な情報を収集し、在宅移行を受け入れるまでの道筋を作っている姿を見て、個々のご家族の気持ちに合わせた介入方法が必要であることを学びました。今でも外来受診したときに会いに来てくださいます。ご家族が笑顔でいることや、子どもの成長を見られることが感動につながっています。
 NICUでは子どものバイタルサインの変動が起きたり、重症患児が入院したりするケースが多くあります。緊急時はまだ緊張しますが、先輩たちが冷静に迅速に対応している姿を見て、日々の積み重ねが大切だと実感しています。
 今後の目標はNICU看護で求められる知識や技術の向上を図り、看護に自信を持てるようになることです。さらにご家族との信頼関係を構築し、さまざまな側面からサポートしていきたいと思います。

心電図などモニター類のチェックを行い、観察した子どもの情報を共有していく。

Photo Gallery フォトギャラリー

この病院のナースを見る

大滝 杏奈さん

佐藤 佑香さん

SPECIAL TOPIC 5

このページにも掲載中!

特集【専門・認定看護師の資格取得】を読む