2018年就職:TOP > 北里大学病院(天野 奈々子さん、土屋 理紗さん) | 先輩看護師からのメッセージ 2018年度

THE LEADING NURSE

神奈川県北里大学病院

〒252-0375 神奈川県相模原市南区北里1-15-1

042-778-8111

天野 奈々子さん
小児病棟(2003年入職)
天野 奈々子さん
神奈川県出身 埼玉医科大学短期大学卒業
土屋 理紗さん
小児病棟(2016年入職)
土屋 理紗さん
神奈川県出身 武蔵野大学卒業

初めての受け持ち看護で
患児と母親に
しっかりかかわることができ
達成感と充実感を感じました

プリセプターとして3年目。
詰め込む指導から見守る指導へ

天野 当病棟には新人が10人います。その中でも土屋さんは最初からハキハキして、しっかりとした新人という印象だったので、プリセプターとしては安心して見守ることができました。

土屋 それは天野さんが、いつも相談しやすい雰囲気をつくってくれているからだと思います。最初はわからないことばかりで、「確認しなきゃ」と思いながらも、先輩が忙しそうにしているとなかなかこちらから声をかけることができませんでした。でも病棟の先輩方は、私たち新人を気にかけてくださり、特に天野さんは「何かある?」と、いつも声をかけてくれフォローしてくれました。病棟全体で新人を支えてくれているのを実感しています。

天野 私はプリセプターになって3年目になりますが、初めてプリセプターを任されたときは「新人を何とか一人前にしなくては」と思うあまり、詰め込む指導をしていたと反省しています。しかし経験を積むうちに、「待つ」ことや「見守ること」も大切なのだと気がつきました。先輩と後輩の関係ではあるけれど、一緒に学んでいく、一緒に看護するように心がけています。

先輩からのアドバイスで、
初めてのプレパレーションに手応えが

土屋 この1年でとても印象に残っているのは、初めて受け持ち看護師として担当した腎疾患の患児とお母さんとのエピソードです。病気や治療について、その子が好きなキャラクターを使いイラストを描いて説明する「プレパレーション」を実施しました。腎臓は「そら豆」に例えて描くなど工夫を凝らしました。何度も天野さんに確認してもらい、アドバイスを頂きました。

天野 当病棟の主任がプレパレーションをテーマにした研究をしているので、プレパレーションの実践が活発で、各自がさまざまな工夫を凝らしています。土屋さんは患児だけでなく、お母さんともしっかり向き合い情報を得ていたので、具体的な方法でプレパレーションができたと思います。

土屋 描いた絵を紙芝居のようにして、その子にプレゼントしたら、とても喜ばれました。初めての受け持ちでしたが、患児とお母さんにしっかりかかわることができたという充実感や達成感があり、このような看護が日々できればいいなと思いました。

天野 土屋さんは、とてもいい感性をしていると思います。例えばカンファレンスで、不慮の事故で脳死に近い状態にある赤ちゃんの家族支援について話し合っているとき、土屋さんの「お父さんは、どう思っているんでしょうか」の一言で、先輩看護師たちがお母さんしか見ていなかったことに気づかされ、看護の視野がパッと広がる場面がありました。プリセプターとして、これからも新人のこのような感性を伸ばせるかかわりをしたいと思います。

土屋 今の目標は、先輩方のように余裕をもってプライマリーケアを行い、患児と家族の個別性を大切にケアができるようになることです。

天野 土屋さんならできると思います。これからも一緒によりよい看護をしていきましょう。

人形を使って赤ちゃんの血圧の測り方を練習する。「ポイントは泣かせないこと」と、天野さんのアドバイスに耳を傾ける土屋さん。

病棟保育士と一緒に、電子カルテを見ながら患児へのケアを話し合う。発達段階を踏まえた看護には、保育士からの情報やアドバイスは欠かせない。

教えるのではなく一緒に考え、
「共に育っていく」教育を実践

 小児病棟は、日齢の赤ちゃんから成人病棟には移行できない20歳以上のお子さんまでが対象となります。個々の発達段階に応じた看護と、全診療科の子どもを対象とした幅広い知識が求められます。そのため新人には、最初に「子どもの看護」ならではのオリエンテーションを行います。看護部の集合研修で学んだことを子どもバージョンに変換し、かみ砕いて指導しています。カンファレンスでも新人が発言しやすいように看護を振り返る機会を設け、ちょっとした疑問やふと漏らした感想も聞き逃さず、大事な視点はみんなで共有しています。新人もベテランも同じ目線に立って「共に育っていく」教育になるよう、対話を意識し一緒に考え、一人ひとりの感性を伸ばす働きかけをしています。

小児病棟新人教育担当者
佐藤 翼さん

Photo Gallery フォトギャラリー