神奈川県立がんセンター

【神奈川県立がんセンター】(神奈川県)から看護学生へメッセージ

横浜にあるがん専門病院です。二人に一人ががんになる時代。がん看護は基本的看護技術の一つになりました。教育体制も充実しており、個々のペースに合わせて。基本的看護実践から専門看護まで学ぶことができます。就職者の80%が新卒新採用、経験者も大歓迎。新棟になり、治療環境・療養環境・職場環境も整備。平成27年12月より重粒子線治療も開始しました。職員寮もあり、長く働き続けられる職場です。


募集職種
  • 看護師
病床数 415床
外来患者 960名 入院患者 350名
看護体制 一般病棟7:1
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2018年4月入職者向け情報※各種タブを選択

新人研修

看護師全員で新人の皆さんの成長をサポートします

・4月は研修期間です。オリエンテーション、技術演習、電子カルテ操作、実務研修など、配属後の勤務に備えて必要な内容を学びます。
・5月は配属先で勤務を開始します。プリセプターが身近な悩みをサポート、サポーターが看護技術を支援、看護科長や教育担当者をはじめセクションの看護師みんなで新人の皆さんをサポートします。
・6月は個々の状況に合わせて夜勤が入り始めます。数回の研修を経て独り立ちをしていきます。
・年間を通して研修も充実。近くの公園でリフレッシュ研修、メンバーシップやフィジカルアセスメント、メンタルヘルス研修など、集合研修を通して同期の仲間と集まる機会も多くあります。
・がん看護の基礎を学ぶ月1回の「がん看護専門研修ベーシックコース」を開催しています。専門看護師・認定看護師などからがん看護の基本を学び、日ごろの看護実践の根拠を理解することができます。
・「マニュアルをもとに、安全な看護が提供できる」を目標に、先輩看護師が個々のペースに合わせて1年間をしっかりサポートします。

キャリアラダーに沿った教育体制をとっています

・看護師一人ひとりが、がん看護ジェネラリストとして段階を経て成長できるよう支援します

・日本看護協会「看護師のクリニカルラダー」に神奈川県立がんセンターの専門性を盛り込んでキャリアラダーを改定しました。
・キャリアラダー(5段階)に沿って研修が充実しています。日ごろの看護実践や役割遂行を立ち止まって振り返り、仲間と共有することで学びを深めます。

がん看護ジェネラリストの育成に力を入れています

がん看護専門研修の開催

・がん看護の基礎を学ぶ「がん看護専門研修 ベーシックコース」
・ステップ3以上の看護師を対象に、より専門的ながん看護の学習を深める「がん看護専門研修 アドバンスコース」

院外研修の受講支援が充実しています

働きながら院外の研修や学会、教育機関で学ぶことができます

・仕事の一環として院外の短期研修や学会で学ぶことができます。
・実習指導者養成課程、看護教員養成課程、認定看護師教育課程、大学院進学等より専門的な教育課程への長期研修派遣制度があります。
(短期研修、長期研修の選考にはそれぞれ要件があります)

【神奈川県立がんセンター】(神奈川県)の資料を請求する 【神奈川県立がんセンター】(神奈川県)に問い合わせする 【神奈川県立がんセンター】(神奈川県)に応募する

神奈川県立がんセンター(神奈川県)の看護学生採用情報TOPに戻る