神奈川県立がんセンター

【神奈川県立がんセンター】(神奈川県)から看護学生へメッセージ

横浜にあるがん専門病院です。二人に一人ががんになる時代。がん看護は基本的看護技術の一つになりました。教育体制も充実しており、個々のペースに合わせて。基本的看護実践から専門看護まで学ぶことができます。就職者の80%が新卒新採用、経験者も大歓迎。新棟になり、治療環境・療養環境・職場環境も整備。平成27年12月より重粒子線治療も開始しました。職員寮もあり、長く働き続けられる職場です。


募集職種
  • 看護師
病床数 415床
外来患者 960名 入院患者 350名
看護体制 一般病棟7:1
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2018年4月入職者向け情報※各種タブを選択

 当センターは、神奈川県のがん医療を担う専門病院です。エビデンスに基づいた質の高い医療を提供するとともに、患者さんとご家族との信頼関係を大切にした心あたたかい医療を目指しています。


★★当院の看護★★
当院の看護局のミッションは「がんと共に今を生きる患者に寄り添い、その人らしさを大切にした最良の看護を提供します」としています。診断期、治療期、経過を観察している時期、終末期のどの時期でも一人ひとりのがん患者さん、ご家族にあった看護の実践を目指しています。

★★教育体制★★
【あなたのペースで成長できるよう、手厚く支援します!】
1.プリセプター、サポーター、教育担当者の3者が中心となり、また、チーム全体でも個々に合わせた丁寧な教育指導を行います。
2.「がんセンターにおけるキャリア形成・支援システム」運用のもと、基礎から専門的なことまで学べる講義や技術演習など研修が充実しています。
3.夜勤に入る時期を個々に合わせて調整しています
4.カウンセラーによる、心理的な支援を教育プログラムに組み入れています。
5.専門看護師・認定看護師の資格取得支援が充実しています。


★★当院の特徴・自慢★★
1.がんの専門病院であり、最新のがん治療、がん看護が学べる環境が整っています。また、内科・外科を問わず様々な科の患者さんがいるため、幅広い知識や技術が習得できます。
2.がんという生命を脅かす病気の治療を受けながら療養生活を送っている患者さんに寄り添える看護師が多くいます。
3.質の高い医療を提供するために、チーム医療を推進しています。具体的には、医師や薬剤師・栄養士をはじめとした多職種と連携を図りながら、新人も実習生も交えてカンファレンスを毎日行っています。
4.がんという病気だからこそ、患者さんはもちろんのこと、家族のことも大切に心あたたかい看護を提供しています。
5.専門・認定看護師をはじめとするベテラン看護師が多く、新卒看護師はもちろん、看護師経験者に対しても指導体制が充実しており、自分のスキルに合わせたキャリアアップができます。


【充実の福利厚生】
1.24時間保育対応の院内保育園があり、結婚・出産後も安心して仕事が続けられます。
2.2交代制・3交代制などセクションの特徴に合わせた勤務体制をとっています。
3.産前産後休暇・育児部分休業・育児短時間勤務・子の看護休暇・育児参加休暇等出産・育児に対して各種制度があり、子育て支援体制が充実しています。

★★こんな人待ってます!★★
・明るく元気な人!!

看護部長からのメッセージ

【神奈川県立がんセンター】(神奈川県)の看護部長からのメッセージ

看護局長
丹下 純子

私たちと共に、寄り添う看護を実感してみませんか。

がんと診断された患者さんやご家族は、様々な思いを胸に療養生活に向かいます。
治療内容、治療効果、副作用、日常の生活など、多くのことを考えるとともに大きな不安を抱えています。また、がん治療の大きな進歩により、治療を継続しながらもがんと付き合いながら日常生活を送られている方もいらっしゃいます。
看護師は、患者さんが生活者であることを大切にし、がん治療を行っていてもその人がその人らしく生活できるように、一人ひとりの考え方や気持ちに寄り添いながら看護を実践していきます。そして患者さんだけでなく家族の方も一緒にサポートができるよう、多職種と連携した支援体制を整えています。
当院では、目覚ましく進歩している最先端医療を提供できる施設の看護師としての自覚を持つと同時に、看護師として大切な看護観を育むこともできます。
がん看護を志した仲間が、看護について語り合い、考え、次につなげながら日々の実践で学びを深めています。 看護師としての成長を支援するキャリア支援体制も整っています。
私たちと共に寄り添う看護を実感してみませんか。 

先輩からのメッセージ

【神奈川県立がんセンター】(神奈川県)の先輩からのメッセージ

消化器外科・内科病棟
林田 伊織

笑顔と優しさにあこがれて

 看護学校在学中に、父ががんで他界しました。2年に及ぶ壮絶な闘病生活を間近で見て、何もできない歯がゆい自分にもどかしさを感じました。その経験から、患者さんやその家族に寄り添えるような看護師になりたいという思いが強くなり、神奈川県立がんセンターに就職しました。現在私は、消化器科で働いていて、手術を受ける患者さんや内科的治療を受ける患者さんの看護をしています。
 就職を決める際は専門病院であることに不安を感じることもありましたが、実際に病院見学に行き、看護師や医師の患者さんに向ける笑顔や優しさに触れてここで一緒に働きたいと強く思いました。
 就職して5年がたちますが、就職してからより一層、患者さんやその家族を支えるスタッフの温かさを感じ、私もその一員として充実した日々を送ることができていると感じています。

【神奈川県立がんセンター】(神奈川県)の資料を請求する 【神奈川県立がんセンター】(神奈川県)に問い合わせする 【神奈川県立がんセンター】(神奈川県)に応募する

神奈川県立がんセンター(神奈川県)の看護学生採用情報TOPに戻る