神奈川県立がんセンター

【神奈川県立がんセンター】(神奈川県)から看護学生へメッセージ

横浜にあるがん専門病院です。二人に一人ががんになる時代。がん看護は基本的看護技術の一つになりました。教育体制も充実しており、個々のペースに合わせて。基本的看護実践から専門看護まで学ぶことができます。就職者の80%が新卒新採用、経験者も大歓迎。新棟になり、治療環境・療養環境・職場環境も整備。平成27年12月より重粒子線治療も開始しました。職員寮もあり、長く働き続けられる職場です。


募集職種
  • 看護師
病床数 415床
外来患者 960名 入院患者 350名
看護体制 一般病棟7:1
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2018年4月入職者向け情報※各種タブを選択

病院形態 公的病院(国家公務員、独立行政法人、赤十字等)
開設者 神奈川県
開設日 1963/4
院長名 大川 伸一
看護部長 丹下 純子 
病床数 415床
一般病棟 50床/病棟  HCU24床  無菌病棟30床  緩和ケア病棟20床
職員数 870人(うち、看護職員数420人)
患者数 外来:960人/日 入院:350人/日
診療科目 血液内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、形成外科、脳神経外科、呼吸器外科、消化器外科、歯科口腔外科、放射線科、麻酔科、皮膚科、泌尿器科、婦人科、東洋医学科、骨軟部腫瘍外科、乳腺内分泌科、頭頚科、腫瘍内科、精神腫瘍科、歯科口腔外科、緩和ケア内科、免疫療法科、放射線腫瘍科、重粒子治療科、
センター・施設 重粒子線センタ-、腫瘍組織センタ-、臨床研究所
看護体制 一般病棟7:1
看護方式 チームナーシング
プライマリーナーシング
PNSを一部の病棟で試行中
認定看護師 認定看護師が活躍しています
がん性疼痛看護、がん放射線療法看護、感染管理、緩和ケア、集中ケア、手術看護、乳がん看護、皮膚・排泄ケア、認定看護管理者  ※20名の認定看護師が活躍しています。
専門看護師 専門看護師が活躍しています
がん看護、精神看護、 ※12名の専門看護師が活躍しています。
病院所在地 〒241-0815 神奈川県横浜市旭区中尾2-3-2
アクセス 相鉄線「二俣川駅」北口(相鉄ライフ1階)から相鉄バス「運転試験場(がんセンター)循環」に乗車し「ライトセンター前」で下車(所要時間約5分) または「旭高校入口」行に乗車し「ニュータウン第1」で下車(所要時間約5分)
地図を見る
URL 「神奈川県立がんセンター」のHPへはこちらをクリックしてください。
採用実績校 神奈川県立よこはま看護専門学校、神奈川県立保健福祉大学、神奈川県立平塚看護専門学校、神奈川県立衛生看護専門学校、厚木看護専門学校、横浜市病院協会看護専門学校、横浜市医師会保土ヶ谷看護専門学校、横浜市医師会看護専門学校、高知県立大学、東海大学、北里大学、武蔵野大学、新潟県立大学、青森県立保健大学、東京女子医科大学、東京医科歯科大学、横浜市立大学、昭和大学、県立広島大学、聖マリアンナ医科大学看護専門学校、東京保健大学、帝京平成大学、岩手県立二戸高等看護学院、東北福祉大学、千葉医療センタ-千葉看護学校、医療法人立川メディカルセンタ-晴麗看護学校、慶応義塾大学
休暇 週休2日 祝日、年末年始    年次休暇(有給)20日/1年目の場合15日(年間最大40日)  その他、夏季休暇(5日)、出産休暇(産前産後8週)、慶弔休暇、介護休暇等
【神奈川県立がんセンター】(神奈川県)の資料を請求する 【神奈川県立がんセンター】(神奈川県)に問い合わせする 【神奈川県立がんセンター】(神奈川県)に応募する

神奈川県立がんセンター(神奈川県)の看護学生採用情報TOPに戻る